• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2014.10.16 トリーター:植田

2014/10/16 ウミガメならぬ海にカメ

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ

本日午前中のことですが、当館に外部から通報が入りました。
お知らせいただいたことには
「イルカショースタジアム前の浜にウミガメが歩いています。
清掃車も行き来しているので、ひかれたら可哀そう。」
という内容でした。
言われた浜辺に駆けつけてみると、カメが1匹のそのそと砂の上を這っているではありませんか。
でもシルエットとしてはウミガメ類ではないような。
さらに近づいて見てみると、首の横側にはっきりと赤いスポットの模様があります。それは正しく外来種のミシシッピアカミミガメ、しかも甲羅の長さが15cmを超えるほどに成長したカメです。
間近まで寄ってみると、当のカメもこちらに気づいたらしく、首と四肢を甲羅の中に引っ込めて全く動かなくなりました。
そのまま放置するわけにもいかず、仕方なしに当館に一時収容することとなりました。

当館前の片瀬西浜は東西に広がり、東に約600mのところに境川、西に約1.1kmのところに引地川の河口があります。
これらの川ではそこで繁殖したらしいアカミミガメの目撃情報もあります。
どうやら、先日の台風19号による雨で川が増水し、激しい流れでアカミミガメが海まで押し流されたものと想像されます。
海まで流された後、一生懸命泳ぎ続け、ようやくの思いで海岸までたどり着いたのかもしれません。

アカミミガメについては当館で当面展示の予定はなく、このカメの引き取り先を探しているのが現状です。
カメには何の罪はなく、飼いきれなくてそっと河原に置き去りにする私たち人間の身勝手が、いわゆる「野良ガメ」を増やす大元だと考えられます。
カメを飼育するときは一生付き合うことを肝に銘じて飼い始めたいものです。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!