• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2014.11.21 トリーター:戸倉

2014/11/21 今週のおすすめ


最近、館内をチェックしていると、何やら“人だかり”が出来ている場所があります。
今日もその場所に近づくと・・むむっ! やっぱり多くの方々が立ち止っております。 
これはただ事ではありませんね~。

どこか分かりますか?

そうです。ここは相模湾ゾーンにある「干潟の水槽」です。
干潟と言うと、一見地味に思えますが、これだけ多くの方が集まっているのには、はっきりとした理由がありそうですね!
実は、最近この干潟の水槽がある生き物によって、賑やかになっているのです。
その正体は・・・



ヤマトオサガニです。
特徴としては、眼の目柄が長く、横長の長方形をした甲羅をしています。
甲幅は約40mmの大きさで、常に餌を探すためにハサミで干潟の砂を突いております。
自然界では、汽水域の軟泥の干潟に巣穴を掘って暮らしますが、非常に用心深く何か気配を感じると、すぐに巣穴に隠れてしまいます。
この干潟の水槽では、そんなヤマトオサガニを多く見る事が出来ます。
さすがに巣穴を掘って隠れる事は少ないのですが、人が近づくと動きを止めてしまう事が多いので、息を殺して2~3分その場でじっとしていると・・・再び活発に索餌行動を始めます。
ただし、眼は高い位置にあるので、餌を探っている手元は見ていないのでは?
そんな、あさっての方向を見ながら(本当は周りを気にしながら)餌を探っている姿は、ちょっと笑えます。

また、この干潟の水槽は、時々水位を変える事があります。
水位が高くなると、眼だけを水面から出して、周りの様子をうかがっている姿を見る事が出来ます。

みなさんも是非、そ~と干潟の様子を覗いてみてくださいね。


おや?
その先にも、多くの方が集まっている場所がありますね。



相模湾大水槽の裏にある「丸い窓」ですね。
窓は2つあるのに、向かって左の方だけ集まっていますよ!
実は、アオウミガメの「シロ」がこの窓の手前で休憩をしているのです。
もちろんウミガメは肺呼吸なので、定期的に呼吸をしに水面に上がるのですが、再びこの場所に戻って来る事が多い様です。
シロにとっては、お気に入りの場所でしょうか?
ウミガメの浜辺に行く前に、ちょっとサプライズでウミガメに出会えるかもしれない?スポットの紹介でした。

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!