• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.03.05 トリーター:杉村

2015/03/05 今期、底曳き網採集終了しました。


今年の1月~3月にかけて、お隣の静岡県駿河湾の底曳き網漁船に乗船してきました。
毎年恒例の深海生物採集です。
駿河湾の入り口から奥にかけての漁です。
すでに根本トリーターの「駿河湾の底曳き網採集」でいろいろとお伝えしていますが、船の上での様子や採集生物について今回はちょっと触れたいと思います。

私は今回、駿河湾の奥の沼津の底曳漁に2度ほど乗船しました。
2月の終わりの乗った漁では、メンダコがほぼ毎回網に入り(既に展示中です)ました。
メンダコが網にはいっていれば、すぐにわかります。
網を上げると途端にメンダコの独特のにおいが網から臭ってきます。
どんな臭い・・・かと言いますと、独特の生臭さというか、磯臭いというか・・・何とも表現のしにくい臭いなのです。
この感覚は、船の上でないと感じられません。

メンダコの他には、「手長エビ(アカザエビ)」や深海魚が比較的多く漁獲されていました。
深海魚の多くは、駿河湾では「でんでん」または「でん」と呼ばれるオオメハタの仲間と「げほう(トウジン)」でした。
他には、「ごそ(ハシキンメ)」、「かさご(ユメカサゴ)」や小ぶりの「メヒカリ(アオメエソ)」などが、まずまずでした。
これらの深海魚は、煮付けや空揚げにして駿河湾の最奥部にある沼津ではよく食べられます。
(げほうは、煮付けで知られますが、寿司ネタやホイル焼きにしてもおいしいです)
沼津ではこの時期に町の魚屋さんに、ザル売りで店頭に出ていますが、大手スーパーではなかなか見られない魚たちです。
水族館のある藤沢では、まれに魚屋さんに出ることもあるようです。
先日、あるトリーターが「しろむつ」という名でオオメハタの仲間で売られていたそうです。

うって変わって、3月始めの漁ではメンダコがほとんど入らず・・・。
網上げの時にはほとんどその臭いはせず、ヤキモキしましたが何とか2個体の採集ができました。
深海魚も1週間前にはたくさん入った「でんでん」はほとんど入りませんでした。
今回の漁ではたったの1匹で、その他の深海魚もほとんど入ることがなく、入網した深海魚と言えばアナゴと「げほう」くらいです。
この日の海上は風もそこそこで(ちょっと寒かった)悪くなかったのですが、海の中はそうもいかなかったみたいで、表層と海底近くの流れの向きが逆になっていると船長さんが話してました。
ほぼ同じ場所で漁をしているのに、たった1週間の違いでこんなにも生物相が変わってしまうんですね。
ちょっとびっくりです。(漁師さんの話では、1日で海が変わることはしょっちゅうだそうです。)

そんなこともありうまく曳けなかった網がありましたが、怪我の功名でしょうか、その網の中には珍魚が入っていました!!
「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」と「バルディビアホシエソ」です。
これらの珍魚は時折採集されているようですが、なかなか狙って採集できる深海魚ではありません。
我々が乗船しているときに採集されるとはとても幸運でした。


ミツクリエナガチョウチンアンコウ


バルディビアホシエソ

そんなこんなで、いつもと違う駿河湾を垣間見たようでちょっとうれしかったです。
乗船採集は、ちょっと過酷ですがこんな珍魚も上がることもあるので、やめられませんね!!
標本の整理が付き次第、今回採集された珍魚たちを標本としてお見せしたいと思います。

少し長くなりましたが、今年の底曳採集についてでした。
次回の乗船は今年の終わりから来年の3月にかけてです。
しばらくはお休みですが、採集された深海生物達を少しずつ展示紹介していきたいと思います。
お越しの時には、えのすいの深海コーナーをお見逃しなく!!

※メンダコ:本日現在、2個体生存中です。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!