• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.03.19 トリーター:植田

2015/03/19 大好きな展示復活!

ムギイワシ
ムギイワシ

飼育担当職員としては、一部の生物や展示に選り好みのあることは、多様な生物の紹介・展示を行うことが本分であるとすると、失格なのかもしれません。
しかし、なぜか惹かれる生物、展示があるものです。

私がこよなく慕っているのは、波が砕け散る様を再現した出会いの海のムギイワシのいる風景です。
荒波打ち寄せる岩肌のすぐそば、波が砕け散る際に沸き立つ真っ白な気泡が混じる乱流の中で、流れに巻き込まれまいと一生懸命に群れ泳ぐムギイワシの姿には、なぜか強く共鳴するものがあります。
図鑑によると、ムギイワシはイワシと名前には付きますが、マイワシやカタクチイワシとは全く別物で、マイワシなどはニシンと近縁のニシン目に属しているのに対して、ムギイワシはトウゴロウイワシ目に属しています。
おとなになっても体長が7cm程で、太平洋岸では千葉県小湊あたりから南側、日本海岸では新潟県佐渡島から南側の日本沿岸の岩場にみられるようです。
夏場に海岸周辺で産卵するとのことですが、私が磯場に行って観察するところでは、12月から2月頃の大潮の夜に膝から腰までつかる程度の浅場に大挙して群れているのをよく見ました。

ムギイワシを展示している「出会いの海」水槽は、展示側から見ると水面が床から1mの位置にあります。
ムギイワシは水面のすぐ下側に群れる傾向がありますので、大人が普通に立った姿勢で水槽を眺めていては、ムギイワシを見過ごす恐れがあります。
できましたら、「出会いの海」の前で、視線を水面付近が見通せるようにちょっと姿勢を変えてみると、健気に群れ泳ぐムギイワシの様を見ていただくことができます。

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!