• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.03.24 トリーター:根本

2015/03/24 メンダコ飼育28日目


きょうで飼育を始めて28日目、飼育期間は27日間となり、知りえる限りでの飼育最長記録に並びました。2年前に「22日間の飼育最長記録達成!」と有頂天になっていたところ、あっさり沼津港深海水族館さんに追い抜かれてしまい悔しい思いをしていましたが、2年越しで何とか並ぶところまで来ることができました。
メンダコ飼育は我々の代が始めて7年。えのすいの先輩方も何度かチャレンジしていると言う話も聞いていますので、えのすいとしては苦節何十年ですね。なかなか上手く行かないものです。

さて、7年間で何が変わったかというと、それほど革新的な技術の進化も道具の発展もありません。
工夫した点と言えば採集時にできるだけ光に当たらないようにしたり、メンダコだけ別の容器で隔離したり、船上飼育での飼育水の鮮度や水温に気を付けたりと行った事、水族館での飼育では水温を7℃~9℃とやや生息場所よりも下げた事、また照明を見えるギリギリまで落とした事といった内容です。
まだどれが良かったのかなどはわかりません。今回たまたま採集時のメンダコの状態が良かったのかもしれません。今後も検討して行ければと思います。ただ、1年に1~3回程しか入手のチャンスがありませんので、採集飼育技術として確立するには数年かかりそうです。

さて、エサですが、少し新しい事がわかりました。給餌を手伝ってくれているシラス担当の冨永さんが発見した事なのですが、メンダコにエサをやる際に「腕や体の上に乗っけてやると良く食べる」と言う事です。
私が書いた何回か前の日誌に「エサを腕に近寄せてくっ付けると良い」と書きましたが、その方法でもちろん成功する事もあるのですが、失敗してメンダコが驚いたように泳いで逃げてしまう事もあり、「エサの寄せ加減が難しい」と言う欠点がありました。
しかし、上に乗っけてやる方法でエサを与えてみると、泳ぎ回る事も無く、腕をスッと体の上に伸ばしエサを掴んで口まで持って行きます。これは楽です。
棒でエサを寄せる給餌法では、暗くて見えない水槽の中でメンダコに棒をぶつけないようにエサを動かす作業にとても神経を使いましたが、メンダコの上に落とす方法では何にも気を使う必要がありません。ピンセットで近くまで持って行き離せば良いだけです。

これは憶測の範囲を出ませんが、もしかしたらメンダコは自分の上を歩き回るエビなどをエサにして食べているのかもしれませんね。あの不器用な、泳ぎに触っただけで傷つきそうなプリンのような体、全く動かない生態からすると、普通のタコのような狩りをしそうなイメージが湧きません。完全待ち伏せタイプの生き物なのかもしれませんね。
長く飼育できればさらに多くの情報が得られると思います。次は飼育1ヵ月間を目標に頑張っていきたいと思います。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!