• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.07.16 トリーター:大内

2015/07/16 かれこれ10年。

ハナゴンドウ「ビーナ」
ハナゴンドウ「ビーナ」

かれこれ付き合いは10年以上。
私が生まれて初めて触ったイルカ(正確にはハナゴンドウなのでクジラ)がビーナです。
それから10年以上の月日が経ちました。
動物たちと接していると、少なからず個体毎に特有の距離感だったり間があったりして個体個体で接し方が変わってきます。というか私は接し方を変えています。まだ子どものサワだったら遊び重視、オキゴンドウのセーラーだったらご機嫌重視などとしているんですが、ハナゴンドウのビーナに関してだけはサッパリわかりません。
下記はほんの一握りの例です。

スカイホップ   →スピンジャンプ
バックフリップ  →スピンジャンプ
その場でジャンプ →スピンジャンプ
なにもしない   →離れる




時々なにをしてもてんでダメなこともあります。そんな時





取り扱い説明書があれば...。





なんて思ったりします。そんなものはないんですけどね。もし説明書があったとしても中身は白紙、もしくは解読不能の文字がいっぱいが書かれているかのどちらかでしょうけど。


ただ、そんな説明書に頼ってはいけないんです(自分で言っておいて)。長い時間をかけて、接して、お互いをわかり合った後に築いていく関係性があって初めて理解できるのだと私は信じています。
なのでまだ私がビーナのことをわかっていないだけなんです。
理解力が足りないだけなんです。
もっとビーナのことわかりたい。
わかり合いたい。
理解したい!
理解し合いたい!!





理解...。






説明書くださーい!











先は長い。。。

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!