• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.08.14 トリーター:羽田

2015/08/14 アスパル、魚を食べる練習

バンドウイルカ「アスパル」
バンドウイルカ「アスパル」

今年の4月12日に産まれたバンドウイルカの「アスパル」。
一昨日、産まれてから4か月が経ちました。
今はお母さんの母乳をたくさん飲んですくすく成長していますが、いずれは他のイルカたちのように魚を食べて成長していきます。

バンドウイルカが魚を食べ始めるようになる時期は、だいたい生後6か月くらい。
もちろん個体差はあって、「サワ」は生後3か月ほどで魚を食べていましたし、逆に1年ほど魚を食べずに母乳だけで過ごす個体もいます。

さて、魚を食べると聞いてもイルカが魚を食べるのは当たり前と思う方が多いのではないかと思います。
ですが、今まで魚を見たこともない子イルカにとっては魚も未知の物体。
最初は魚を見せても食べられる物だとは知らないので、怖がって逃げてしまいます。

では、どうやって魚が食べられる物だと知ってもらうかというと、お母さんが食べているところを見て覚えるんですね。
お母さんが食べているのを見て、少しずつ魚に対して興味がでてくると魚を咥えて遊ぶようになります。
そうやっているうちに何度か噛んだりするようになり、最終的には飲み込むようになってくれます。

アスパルは現在、お母さんのシリアスが魚を食べているのを観察しているところ。
シリアスはいつも水面から顔を上げた状態で魚を食べているのですが、アスパルが見やすいように水面に魚を落としてあげます。
そうすると、シリアスが魚を食べている様子をアスパルはジーーッと見るようになってきました。
そして、最近は泳いでいる時に口をパクパクと動かすようになってきたので、シリアスが魚を食べる動きを真似しているのかなー、と思いながら観察しています。

そういう小さな変化を見つけるのがとても楽しくて、毎日アスパルの成長を見守っています。
アスパルがいつ魚を食べられようになるか、楽しみにしていてください!!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!