• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.12.12 トリーター:伴野

2015/12/12 生き物の不思議

マイワシの群れ
マイワシの群れ

皆さん、こんにちは!!
今回は水族館の中で見かける「なぜだろう?」という素朴な疑問について書いてみます。

どんな疑問かというと・・・

マイワシの群れがお互いにぶつからずに泳げるのはなぜだろう?

相模湾大水槽では約8,000匹のマイワシが生活していますが、観察をしていると、同じ方向に動き、しかもぶつからない。
急に方向転換してもしっかりとついていく。

これってよく考えるとすごーーーく不思議ではないですか?
8,000人のヒトが一斉に動いたら、間違いなくぶつかってしまいますよね。

魚は一般的に側線器官という水流や水圧の圧力変化を感じる器官を持っており、種類によってその配置は違いますが、主に体の側面の中央付近に一列に並んでいます。
この側線器官や視覚を使い、群れの動きを瞬時に察知して動くことができるのであのようにぶつからずに泳ぐ事が出来るんです。

そして、群れを形成している魚が互いに衝突せずに、ほぼ一定の距離を保ちながら泳いでいられるのは、3つのルールに従っているからだと考えられています。

[ルール1]
衝突回避:仲間の魚とぶつからないように進行方向を変える。

[ルール2]
並走:仲間の魚との距離を一定に保つために並走する。(速度を合わせようとする)

[ルール3]
接近:仲間の魚との距離が遠い場合、近づこうとする。

あの圧巻のマイワシの群れにはこのような秘密があったんですね。
ちなみに、この魚の生態を応用してお互いにぶつからないロボットカーの研究もされているんですよ。

水族館で生き物たちを観察していると沢山の不思議な発見や疑問があります。

なぜこんな姿かたちをしているんだろう?
なぜこんな所に生息しているんだろう?
なぜこんなことができるんだろう?

ただぼんやりと水槽の中を観察するのも楽しいですが、そんなことを考えながら生き物たちと向き合ってみるのもおススメですよ!!

ぜひえのすいに遊びにきて生き物たちの不思議な魅力や疑問を見つけ、トリーターに教えてくださいね (^_^)/

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!