• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.05.19 トリーター:北嶋

2016/05/19 貴重な標本


春から標本整理の担当に任命されました。
えのすいは水族館なので、基本的には生きている生き物を対象に扱っているものの、貴重な情報として残しておいた方がよい生き物は、その命をまっとうしたあとも「標本」として様々な状態で保存します。中には博物館や研究所に預けて保管をお願いしている標本もありますが、一部はえのすいのバックヤードにある標本室で保管をしています。この標本室は小さな部屋ですが、所狭しと標本が置いてあります。

旧・江の島水族館が開館したのは1954年(昭和29年)のことですから、いまから60年以上前の標本があってもおかしくありません。
膨大な量の標本をどこから片付けたら良いのか・・・悩みながらなかなか手をつけられずにいます。

つい先日、訳あって乾燥標本の掘り出しをしました。
そこで、とても貴重な古い標本を発見しました。
「オキナエビスガイ」
です。

深海にすむ原始的な形態(貝殻の入り口にある深い切れ込み)をもつ深海貝で、いわゆる「生きた化石」と呼ばれる生き物のひとつです。
江の島とのゆかりも深く、明治時代にヒルゲンドルフというドイツ人の動物学者が江の島を訪れた際に、土産屋で売っているのを見つけ、非常に珍しい貝だということで新種登録されました。
オキナエビスガイの仲間のテラマチオキナエビスガイだとかベニオキナエビスはときどき南の方で採集されるようですが、「オキナエビスガイ」という種は、いまでも非常に珍しく、おそらく生きた状態で見たことのあるスタッフはいないのでは。開館初期を知っている上司でも見たことがないそうです。

見つけた標本もかなり古そうです。
貝殻の中には、貝を保護するためか綿がつまっていて、抜き出してみると新聞の破片もはいっていました。
ぐちゃぐちゃになっている新聞をそっと広げると、この貝がやってきた時代がなんとなく紐解けそうな予感が。



残念ながら年が表示されている部分がないので、その内容から予測するしかありません。「吉田首相が~」という文章がありました。吉田茂が首相に在籍していた時期を調べると、旧水族館が開館した年まででした。
ということは、このオキナエビスガイはそのくらい古いものではないかと思われます。

展示できる準備が出来たら、この貴重な標本をウェルカムラウンジで展示したいなと考えています。
お目見えするまで今しばらくお待ちください。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!