• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.06.23 トリーター:櫻井

2016/06/23 招かざる繁殖者

ハシナガチョウチョウウオ
ハシナガチョウチョウウオ

水槽の中では、みるみる成長していく種や増殖していく種がいろいろいます。それは我々飼育員にとってはとても楽しみな変化です。
しかし、中には招かざる生物が繁殖してしまう場合もあります。今日はそのいくつかをご紹介します。

1, セイタカイソギンチャク
おもにアルテミア幼生を大量にまく水槽で大量発生します。これは水槽内の見栄えが悪くなるばかりでなく、配管内でつまりの原因になったりもするので決して招いていません。
そこで、食べてもらうという手法をとります。セイタカイソギンチャクを餌とする魚やエビなどを収容するのですが、展示コンセプトと異なってしまわないよう、また、同じ魚が色んな水槽に収容されているなどということにならないよう工夫が必要です。
『あれ、なんでこんな魚がこの水槽に入っているのかな?』なんて疑問に思えたら貴方は水族館通です! もしかしたらセイタカイソギンチャク駆除要因として収容されているのかも知れませんよ。

当館ではそのような違和感が出ないよう魚種をしっかりと吟味しています。セイタカイソギンチャクやっつけ隊の実績が素晴らしいのはトゲチョウチョウウオやチョウハンといったチョウチョウウオ。そしてカゴカキダイです。
太平洋ゾーン暖かい海の、チンアナゴの水槽には大量のセイタカイソギンチャクが繁殖しています。さらっと言いましたが繁殖してしまっています。
チンアナゴ用の餌の、アルテミア幼生が原因ですが、そこにやっつけ実績のあるトゲチョウチョウウオやチョウハンを収容したかったのですが、なんとすぐ近くの水槽に収容されてしまっています・・・。

さてどうしようと悩んだ挙句、当館初展示となるハシナガチョウチョウウオを収容してみました。セイタカイソギンチャクを食べてくれるかどうかはかけでしたが、素晴らしい働きっぷり! セイタカイソギンチャクを食べてくれています。しかも展示的にもなんの違和感もありません。
ハシナガチョウチョウウオを見て、セイタカイソギンチャク用だなと思う人はいない・・・はず・・・。もしいたらその方は通というか同業者ですね。


セイタカイソギンチャク



さて、2, 3, 4, とご紹介するつもりでしたが思いのほか長くなってしまいました。セイタカイソギンチャクで話がこんなに広がるとは本日一番の驚きです。

もう一種類だけご紹介します。セイタカイソギンチャク繁殖の原因となっているアルテミア幼生です。アルテミア幼生が招かざる生物となる場合もあるのです。それはシラス水槽です。
シラスの餌となる動物プランクトン、ワムシ。ワムシの餌となる植物プランクトン、クロレラ。クロレラを食べてみるみる成長した立派なアルテミア幼生、いや、もう幼生では無いですね、アルテミアアダルトがシラス水槽でぴらぴら泳いでいることがあります。アルテミアが堂々と泳ぐ姿は、シラスをも上回る注目度になりかねないので一切招きません。

このような招かざる生物は、バックヤードではまま見られることなのですが、展示槽でそれを見られるのは皆さんが水族館事情を垣間見ているということなのです。水槽一つの中にそんな工夫や攻防が繰り広げられているのだな、と思って見ていただけたら、もっと楽しく水槽を見ることが出来るかも知れませんよ。

太平洋


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!