• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.07.25 トリーター:伊藤

2016/07/25 月光で命輝かすカニたち 2

ウモレベンケイガニ
ウモレベンケイガニ

一昨々日の日誌に続きまして、紹介してまいります。

ウモレベンケイガニ
私のイチオシです。
その名の通り、泥に埋もれるようにしてひっそりとくらす中型のイワガニ類で、動きは遅く、目が合っても逃げずにその場で動きを止めることがほとんどです。
さらに驚かせたり、手でつかんだりすると、足を延ばし気味で硬直させて突っ伏す「KOされた格闘技選手」みたいなポーズで死んだふりをするなど、行動も変わっています。
ごつごつとした体は茶色一色かと思いきや、綿棒などで拭いてやるとアイボリーに茶色い斑点というチョコチップクッキーのようなオシャレさです。
さっそく相模湾キッズ水槽に展示しました。
隠れっぱなしを心配しましたが、展示ではよく活動しており観察しやすいです。
ぜひご覧ください。
※ウモレベンケイガニの展示は終了しました。

ヒメアシハラガニ
その名の通り、アシハラガニ(こちらは川魚のジャンプ水槽わきで展示継続中です)の仲間で、よく似ています。
関東地方では記録が少ない珍種とされますが、仮に見つけていても「どうせアシハラガニの子どもだろう」とスル―されているのではと想像します。
私もそうでした。
先日の現場で「ヒメだったりして」と思いながら、小型の“アシハラガニ”を手に取り、よく観察してみると、あっさり本種でした。


ヒメアシハラガニ

本種であることを知ったうえで見ると、他種との違いに気付けます。
まず、動きが速いです。アシハラガニよりはるかに早く、クロベンケイガニ以上カクベンケイガニ以下という感じです。
カクベンケイガニが残像を残しながらズザッ、ズザッと短距離ダッシュするのに対し、本種はダダダーと何メートルも長距離ダッシュするのです。
ウモレベンケイガニと一緒に展示しており、こちらも水槽内ではゆったりと活動していますので、その表情や細かい動きまで間近で観察いただけます。

これら2種とも、日常で目に触れることがまずなく、県や学会によるレッドデータに希少種として載っていたりしますが、「いそうだ」と意識して探すと、案外見つけられることを実感しました。
みなさまの近くの水辺にも、まだ研究者も見つけていない生息地があるかも知れません。
夏の自由研究などで探してみるのも面白いかと思います。
この調子でまだまだ続きます。それでは次回。
※ヒメアシハラガニの展示は終了しました。

バックナンバー
2016/07/22 月光で命輝かすカニたち

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!