• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.09.21 トリーター:北嶋

2016/09/21 オオグソクムシの近況


もうすっかり深海生物の定番になったオオグソクムシのお話です。
ことしはオオグソクムシたちがたくさん脱皮をしています。
背中の節から上手に出ているようです。
当館では江の島の深場で操業している漁師さんからいただいてくることが多いですが、入ってきたときに体が黒くて汚いのはだいたいメスです。
成熟したメスは卵を抱えられるようにお腹に袋のようなヒレ状のものが沢山あります。
ちょっと難しい名前で覆卵葉といいます。
このところ入ってきたグソクムシはこの袋が発達しているものがいくつもいました。
でも卵は持っていない。
卵をまだ見たことが無いのでぜひ見てみたいのですが、おそらくもう少し前の時期なのでしょう。
そんなメスが脱皮しました。
そうしたら、袋が見えなくなっている。。。
卵の時期だけ発達するみたいですね。知らなかった。

脱皮をしているせいか、食欲もすごいです。
魚を投入するとすぐに骨になってしまいます。
脱皮直後の個体がかじられないように、餌を多めにあげようと魚を何本も水槽に入れます。
おとといはサンマやイカナゴなどの魚10本ほどがすぐ骨に。
しかし、困ったことに丸の魚は脂がすごいので水槽がひどくよごれてしまします。
そこで、脂があまりでないように殻つきのエビをあげてみました。
食べました。
食べました、が、上手に殻をほじくって中身だけ食べてました。
あんな口をしているのにエビの殻は食べれない(もしくは食べたくない)ようです。
シリコンのチューブはガリガリにかじり切ってしまうのに。

変な生き物ですよね~。

脱皮殻


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!