• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.04.04 トリーター:大内

2017/04/04 まだまだ...。

イルカショー「きずな/kizuna」
イルカショー「きずな/kizuna」

2017年度もはじまり、新入生や新社会人となった方もたくさんいらっしゃると思います。
私はというと、今年で新江ノ島水族館に入社して13回目の春を迎えました。いろいろな経験を積み、少しはなにもわからずに入社してきた頃より動物たちのことについてわかってきたつもりでいました。

そんな2017年度初出勤の4月2日、数年ぶりになるでしょうか。私は一日バンドウイルカ「マリン」の担当をやることになりました。
自分なりにある程度、こうやったらマリンを楽しませることができるんじゃないのか? 一日うまく付き合えるんじゃないか? と試行錯誤をして臨んだ一日でした。

結果はというと、ショーの途中で肝心なマリンの紹介を目前にして後ろのプールに入ってしまい紹介ができなかったり、予定していたところでジャンプができなかったりという場面が多く、積み重ねてきた自信が脆くも崩れ去りました。そしてマリンとの信頼関係がしっかりと構築しきれていないことを痛感しました。日頃、担当していなくともマリンとは遊んでいたりすることもあり、それなりに信頼関係は築けているつもりでいましたが、マリンにとってみたらそれではまだまだだったようです。

その証拠にイルカショーの「きずな/kizuna」中に時々トリーターたちがやっている尾鰭を引っ張るという遊びをショー中にマリンは1度もやらせてくれませんでした。ショー以外の時間では尾鰭を持たせてくるのですが、ショー中に尾鰭を持とうとするとわざと手の届かないところを泳いでみたり、わざと早めに泳いで尾鰭を持たせようとしなかったりと、よっぽど尾鰭を持たれたくないようで、まだまだマリンとの信頼関係が足りてないことを実感した2017年度初日でした。

何事も慢心せず、初心を忘れず、一つ一つ積み上げていこうとあらためて思った一日でした。そしてマリンとしっかりと信頼関係を築きあげて、いつの日かショー中に尾鰭を引っ張って遊んであげたいと思います。

きずな/kizuna


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!