• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.06.09 トリーター:北嶋

2017/06/09 大きなタコ展示始めました。


お客さまから見たいという要望が多い生き物がイカ、タコです。
イカは季節もので、寿命が1年と短く(ほとんどのタコも同様)、毎年旬の生き物として季節展示しています。
タコはタッチプールに年中マダコを出していますが、
「大きいのが水槽で見たい!」
という声が多く、どうしようか、とトリーターたちは悩みました。

というのもタコは、

他の魚やエビと同居が難しい。夜襲うので。
となると、水槽を1つタコ専用としなければならない。


フタをきっちりしてないと脱走する。
でも陸では生きられない。なので脱走させてはならない。


隠れ場所がないとタコのストレスになるが、見えないと展示している意味がない。
せまい穴倉が好きなので、タコ壺はタコの習性をうまく利用した漁法ですね。


ストレスがひどいと自分の腕を食べちゃったりするくらい繊細。

などなど、実は出す水槽に悩む生き物なのです。

そして、悩んだ結果、6月1日より大きなタコを展示水槽に出しました。
相模湾ゾーン、坂道の一番下、タカアシガニの手前の水槽です。

種類はマダコ科の一種ということになっていますが、このあたりの漁師さんはミズダコと呼びます。
しかし、ミズダコは相模湾に分布していません。
何者なのでしょうか。

相模湾の深いところに棲む大きなタコをぜひ見に来てください。

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!