• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.09.05 トリーター:唐亀

2017/09/05 さかさくらげさがし

サカサクラゲ
サカサクラゲ

9月になり、海岸の海の家も解体が始まりました。朝夕とめっきり涼しくなって、いきなり秋めいてきたようです。今年は植え込みに多くのジョロウグモが見られます。反対に、今年はツクツクホウシの鳴き声をあまり聞かないような・・・。

今、今上陛下のご研究のコーナーにある、ハタタテハゼの水槽とゴンズイの水槽に稀にサカサクラゲが泳いでいることがあります。水槽の中の岩などの表面にほわほわとした白いものが多数付着しています。これがサカサクラゲのポリプです。
勝手に出現して増えたもので、どこから侵入したのかは不明です。江の島で持ち帰った貝殻などを水槽に入れておいたら、いつの間にかサカサクラゲのポリプが増えていた、という話も聞くので、江の島辺りにもプラヌラが季節来遊魚的に来てたりするのでしょうか。


サカサクラゲのポリプ

水槽のポリプたちはとても元気そうです。バックヤードで飼育しているポリプたちはひょろひょろとのっぽでもやしっこですが、水槽のポリプは背は低くともどっしりとしていて、触手も長くて立派なのです。このポリプから分離したサカサクラゲがぷかぷかたゆたっていることがあるのです。
朝一番で見つけると回収していますが、日中も出ているかもしれません。ここのエフィラは5㎜ちょっとあり、ポリプがりっぱならエフィラもりっぱです。機会があったら是非探してみて下さい。

このコーナーの海水水槽は実はみな繋がっています。すなわち、ハタタテハゼとゴンズイと共生ハゼの水槽3本は濾過槽を共有していて、実質1本の水槽なのです。
しかし、共生ハゼの水槽にはサカサのポリプは皆無なのです。それはその水槽に入っているトゲチョウチョウウオが食べてしまうから。元々セイタカイソギンチャク退治のために収容されていたのですが、同じ刺胞動物であるサカサクラゲのポリプも嫌いじゃないようです。チョウチョウウオの仲間はサンゴを好む種類も多く、刺胞動物にとっては天敵なのでしょう。


トゲチョウチョウウオ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!