• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.09.15 トリーター:鈴木

2017/09/15 えのすいの推しマツたち

マツカサウオ
マツカサウオ

こんにちは、鈴木です。
現在、相模湾ゾーンの沿岸水槽には 2種類の松(マツ)な魚を展示しています。
その名も、「マツカサウオ」と「マツダイ」です。
漢字では「松笠魚」、「松鯛」と書きます。
お察しの通り、どちらも植物の『松』にちなんで名前がつけられており、マツカサウオは見たまんま、松ぼっくり(松笠)に似ていることから、マツダイは松の木の皮のような所から、それぞれその名がつけられたと言われています。

マツカサウオについてはこの日誌でも何度かご紹介しており、おそらくご存知の方も多いと思いますのでサラッと説明しますと、鮮やかな黄色が可愛い!形がユニークで可愛い!目が大きくて可愛い!といった、インスタ栄え間違いなしの魚で、さらに、下あごが光る発光魚でもあり、まさに人気者のステータスが揃った魚です。(と、私は思います・・)

一方、マツダイについては、知っている方がいれば、おそらく相当なお魚通と思われます。
ルアーフィッシングの対象魚としてはやや知名度があるようですが、お店に並ぶことはほとんどありません。
ただ、私は食べたことはありませんが、お刺身などで大変美味しいそうですよ。

この魚を一言で言うならば“古代魚っぽい魚”がぴったりでしょうか。
海というより、熱帯雨林の川とか池に棲んでいそうな雰囲気です。
幼魚の頃は、枯葉や木の皮などに擬態した姿をしており、流木や流れ藻、漂流物などについて海を漂います。
展示の個体も幼魚で、ヒラヒラと横たわって泳ぐ姿は確かに枯葉のようです。


マツダイ

このマツダイ、先月末から沿岸水槽のマツカサウオ水槽にひっそりと仲間入りしました。
なぜひっそり・・かというと、飼育が難しく今まで長期の飼育が出来ていないからなんです。
しばらくようすを見ていましたが、どうやら今回は順調に飼育できそうなので、このまま大きくなってくれたら嬉しいです。

ちなみに、成長すると 50cm、体重 3kgにもなる大型の魚です
一匹しかいませんが、いつも水槽右上の岩陰辺りでゆっくりと泳いでいると思いますのでよく探してください。


マツカサウオ水槽 右側にマツダイ

さて、マツダイばかりの話になってしまいましたが、人気者のマツカサウオとの勝負であればこのくらいのハンデは必要でしょう。

それでは、
発光する魚としても有名で、鮮やかな黄色がよく目立ち、ポップでスター性たっぷりのマツカサウオか・・
まるで見た目は古代魚のような雰囲気で、シックで控えめな渋いマツダイか・・

みなさんの推しマツはどちらでしょうか?

決まりましたら、ぜひあなたの推しマツ(松)に会いに来てくださいね!

相模湾ゾーン





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!