• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.10.11 トリーター:佐野

2017/10/11 旅立ち

最後の体重測定
最後の体重測定

先月22日にアオウミガメの保護個体「チガサキ」を放流いたしました。保護当時の様子などは9/13の戸倉トリーターの日誌 [2017/09/13 まもなく大海原へ!] に書かれていますので、今日はその続きの放流についてお話しします。

放流当日、最後のサイズ測定を行いました。ほんとに大きくなりました。
続いて最後の給餌後、トリーターたちに見送られ、水族館を出発しました。実はみなさまの前には登場することはありませんでしたが、バックヤードではアカウミガメの幼体も7月に保護されていたため、同時に放流しました。
こちらの個体は茅ヶ崎海岸で衰弱して打ち上がっていたところを発見され、当館へやって来ました。

江の島漁港にはこのアカウミガメの発見者の方々もお越しになり、元気な姿をご覧いただいた後に、お見送りをしていただきました。
船の上では時折じたばたしたものの、おとなしくしてくれていました。漁師さんの船で定置網のはるか沖合の地点まで運んでいただき、1個体ずつ放流しました。


チガサキ放流

いざ放流でチガサキたちを抱えると、瀕死状態だった当初のことなどが一気に思い起こされたのですが、そんな私の思いをよそに、いずれの個体も、手を放すとあっという間に船から離れて波間に消えていきました。


アカウミガメ放流

2個体とも、まだ小さく、このサイズのウミガメの野生でのデータは少なく、見つかるのは全国的にも稀です。採捕されれば、また新たな知見が得られることでしょう。


海へ

放流から3週間が経とうとしていますが、今のところ、漂着や採捕の連絡は届いていません。うまく外洋に出てくれているといいのですが。大海原を生き抜いてくれることを切に願うばかりです。どうか元気で。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!