• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.11.08 トリーター:伴野

2017/11/08 「パーシー」観察


皆さん、こんにちは!!
今日はブリーディング・プールで行っている「パーシー」の観察についてのお話です。

「パーシー」は、今年の5月7日に誕生したバンドウイルカの男の子です。
産まれて約半年、すくすくと成長してくれています。
[今年5月に誕生したオスのバンドウイルカ 愛称は「パーシー」に決定!]

この半年間、私たちはあることを行っています。
それは交代で一人のトリーターがつきっきり「パーシー」を観察し、その行動を詳細に記録することです。
初めのうちは毎日観察を行っていましたが、「パーシー」を安心して観察できるようになった頃から徐々に頻度を減らし、現在は毎週木曜の午前中に行っています。(作業の都合上曜日が前後することもありますが…)

そして今回の観察からはある2つの行動をより詳細に記録をするようになりました。
それは
①呼吸の回数
②授乳の回数
以上の2項目です。

①の呼吸の回数は、5分間で何回呼吸をしているかを1時間に1回測定しています。
②の授乳の回数は、観察中に見られた授乳の回数を、その秒数とともに測定しています。

なぜ、この2項目を測定しているのか。
それは日頃から「パーシー」の状態を把握し、万が一何かあった際すぐに異変に気付けるようにするためです。
他のバンドウイルカたちは健康管理のためにトリーターに協力をしてくれるので、体温や体重を測定することができたり、採血をして血液を調べたりすることができます。

ですが、「パーシー」はまだまだこれらのことができません。
そこで今からでもできる、何か「パーシー」の健康の指標となるものはないか、と考えて、この2つの項目の測定を始めました。

測定を始めて約半年、なんとなくの傾向が見えてきました。
例えばこの半年、呼吸の回数は5分間に約13.1回でした。
(もしお時間がある方はご自身で測定してみるのも面白いかもしれません)
これが一つの指標になるかもしれませんね。
これよりも回数が異常に多かったり少なかったりしたら要注意かもしれません。

言葉が伝われば、身体のどこどこが痛い、熱がありそう、など教えてくれますが、「パーシー」はそうではありません。
今後も「パーシー」が元気で過ごしていけるよう、トリーター一同しっかりと観察していきたいと思います。

観察中はブリーディングプールの前をロープパーテーションで仕切らせていただいております。
みなさまにはご迷惑おかけいたしますが何卒、ご了承ください。

それでは、本日はこの辺で失礼します!!

イルカショースタジアム





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!