2018年04月24日
トリーター:倉形

2018/04/24 最近の「ミサキ」と「ヨモギ」

ヨモギヨモギ

みなさん、3月3日より展示しました「コツメカワウソ」はもうご覧になりましたか?

公開してから間もなく2ヶ月になりますが、日に日に環境に慣れてきた4頭のカワウソたち。中でもミサキとヨモギたち、日中は空中トンネルを行ったり来たり。時には、トンネルの途中にある透明な四角い箱(通称:中継地点)エリアで2頭仲良く昼寝をしていることがあり、時々お客さまから展示エリアにカワウソたちが居ないと話されているのを聞くことが有ります。
そのときは、すかさず「みなさんの頭上にいますよ!!」とお声掛けしています。すると、自分たちの頭上でしかも間近にいるのと寝ている(動かないため)ので、撮影ポイントとしても喜ばれています。


ミサキ


“空中トンネル”

また、ミサキはまだ1歳なのでエネルギーがあり余っているようで、起きている間は人間のこどもと一緒で常に遊んでいたいみたいで、私たちトリーターが入室すると傍に寄って来て、甘えるような声や仕草をしたりするだけでなく、ヨモギが気持ちよく寝ているのを邪魔したりと構って構ってと言わんばかりにちょっかいを掛けます。
ヨモギがあまりにも疲れているのか?イライラしているのか?分かりませんが、時々ヨモギとミサキの激しいじゃれ合いがプールの中で展開されます。一瞬その場面だけ見ると喧嘩しているかのように見えます。しかし、本気で喧嘩をしているのであれば、体中に噛まれた傷が出来ます。しかし、ミサキとヨモギの体には、一切傷痕有りません。

みなさん、もし水族館に来られてミサキとヨモギが激しくじゃれ合っている場面に遭遇しても、怪我をしていなければじっと彼らの行動を見守ってあげてください。また、ミサキの素早い身のこなしやヨモギの大らかな身構えなどなど、みなさんご自身の目でカワウソたち4頭それぞれの行動観察をして見てください。


カワウソ~木漏れ日のオアシス~

RSS