• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.08.15 トリーター:小谷野

2018/08/15 お盆を過ぎたらクラゲが増える?

アンドンクラゲ
アンドンクラゲ

昔から、お盆を過ぎたらクラゲが増えるから海に入ると危険!と言われていますが、本当にクラゲが多いのはお盆すぎだけでしょうか?

えのすいクラゲの日」に参加されたみなさまはよくご存知だと思いますが、クラゲは冬でも海にいます。
春は日本各地でクラゲが大発生する時期です。
では、なぜお盆すぎにその存在が目立つのでしょうか?

ひとつはこの時期に海水浴客が多いからでしょうし、もうひとつは刺されたら痛いクラゲ(刺されても痛くないクラゲもたくさんいます)が、大人になって大きくなる時期、ということではないでしょうか。
お盆すぎは、江の島ではアンドンクラゲやリュウセイクラゲ、風にのって流されてくるカツオノエボシやギンカクラゲなどがみられます。
そのうち刺されると痛いのはアンドン、リュウセイ、カツオノエボシです。
これらは硝子細工のようでとても綺麗ですから、危険だとわかっていてもついつい触りたくなってしまいます。
特にカツオノエボシとギンカクラゲは美しい緑がかった青(納戸色)~群青色をしていて、海で出会ったときには大感動です。


カツオノエボシ

9月9日の「えのすいクラゲの日」は記念すべき100回目。
ワクワク!ドキドキ!!の夜間採集もあります。
ご興味あればぜひご参加ください。

クラゲサイエンス


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!