• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.12.17 トリーター:杉村

2019/12/17 ヒレタカフジクジラの稚魚、標本の展示をしております。。。


先週12日(木)の開館前・・・
朝の見回り中にスタッフから、「フジクジラの水槽にサメの赤ちゃんが泳いでるぞ!!」
・・・の連絡が!!
飼育担当である我々のチームのメンバーがばたばたと水槽前に集まりました。
もちろん、担当外の飼育スタッフもみんな水槽前にかじりつきました。
確かに、水槽内に昨日までは見られなかった“小さなサメ”が、泳いでいました。
そして、それは紛れもなく赤ちゃん(稚魚)ザメでした。

・・・水族館にやって来た時、妙な体形のサメがいると採集してきたスタッフが話していたので、良く観てみると・・・それはお腹が大きなメスのフジクジラの仲間でした。
この種の深海ザメは飼育が難しいので、このままうまく産まれてくれればと思うと同時に、最悪の場合は、お腹の子どもだけでもと考えていたところでした・・・

すぐさま、移動用にラバーネットとバケツを持ってバックヤードへ走ります。
すでにメンバーが稚魚をすくってバケツに中に確保していて、さらにビックリ、なんともう2匹いるではないですか。
12日の未明から朝にかけて3匹が産まれ、その後12日の夕方から13日の未明にかけて3匹が産まれ、合計6匹になりました。
稚魚たちを水槽に放つと、軽く頭部を振りながら、身体と細長い尾ビレをしなやかに動かしながら泳ぎまわっていました。
ぎこちないなりにも、この泳ぎ方はこれまでの深海調査の中で見てきたフジクジラの仲間の泳ぎでした。
とても感動的でした。
そして、稚魚たちは水底から10~50㎝ほど離れた場所を緩やかに上下しながら、遊泳していました。
これまで、本種について水槽内で出産し、展示公開したという例は、おそらく初めてと思われ、これは非常に貴重な情報となりました。

その後、3日ほどで死亡してしまい残念ではありましたが、とても貴重な発見をさせてくれました。
今回の飼育によって、謎に包まれていた深海ザメの生態の一端を垣間見ることができました。
今後は、飼育方法の検討を行うとともに更なる謎の解明にチャレンジしていきたいと思います。
知られざる深海生物の生態解明へ、“えのすい”のチャレンジはまだまだ続きます。

現在は、母ザメと稚魚の標本展示を行っています。
そして、併せて産まれたばかりで遊泳している稚魚たちの貴重な映像も展示しています。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!