• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.12.24 トリーター:城戸

2019/12/24 グーとトップの挑戦

みなさん、こんにちは。
今月誕生日を迎えた「グー」は、18歳になるメスのフンボルトペンギンです。ペアの「トップ」と一緒に、先日まで人生初の子育てに挑戦をしていました。
「グー」と「トップ」には、これまでに「グット」と「ナイス」という2羽の子どもたちが誕生しています。
この2羽は「ルビー」と「サニー」、「ハク」と「セサミ」というメス同士の仲良しなベテランペンギンがそれぞれ育ててくれました。普通フンボルトペンギンは、オス・メス交代で卵を抱いて雛を育てますが、オスの「トップ」が自主的に卵を抱かず子育てに不安があったのと、なんとか「グー」と「トップ」の子孫を残したいという思いで、ベテランに託していました。

しかし、いつまでもベテランペンギンに頼ってはいられません。
そろそろ「グー」たちにも子育てができるようになってもらわなくてはいけません。
先月、2羽の間に卵が産まれました。今回は「トップ」も卵を抱くのに少しずつ慣れてきたこともあり、12月14日に孵化した雛を2羽で育てていました。
最初の子育ては慣れないことばかりで、雛に口移しで餌をあたえるのも、雛がいないところに吐いてしまったり、難しそうでした。
そんな2羽の子育てを見守っていましたが、残念ながら雛は亡くなりました。
雛の扱い方が分からなかったり、最初から上手く子育てできないかもしれない。
これは、ペンギン的にはあることのようですが、やはり悲しいですね。

私たちにできることは、2羽が安心して子育てに集中できる環境を作ることです。
まだまだ「グー」と「トップ」の挑戦は始まったばかりです。
最大限のサポートをもっと考えていかなくてはなりません。

8日間だけしか生きられなかった雛ですが、この8日間を無駄にせず、次の繁殖を「グー」と「トップ」と頑張っていきます。

えのすいでは、ペンギンの家系図も掲出しています。「グー」たちの子どもがここに増やせるように頑張ります。

※フンボルトペンギンはオス・メスが交代して、雛に餌を与えます。


「グー」と雛


孵化初日の体重測定

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!