• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.09.17 トリーター:今井

2020/09/17 仔犬のようなオオカミウオ


8月の猛暑真っ只中に、北海道の室蘭水族館からオオカミウオ2尾が、当館に送られてまいりました。一箱に1尾ずつ入っています。


空港到着時、箱に名前が大きく記されていて、航空会社の方々も興味津々でしたので、点検がてらに御覧いただいたところです。
飼育水温は5℃くらいを望みますので、パッキングされたビニール袋の下には氷が敷き詰められています。


本種は、その姿からは想像し難いのですが、大変慣れやすく、それでいて温和な性質です。もともと、当館にいる2尾はもう1mほどの成魚で、どっしりと落ち着いています。ゆっくりと寄ってくるので、大きく柔らかな頭部を撫でながら給餌ができます。
今回の新入りは全長60㎝くらいですが、見た目は前者の4分の1ほどに感じます。
室蘭でもかわいがられていたのでしょうね。大変好奇心旺盛で、人間にももちろんベタ慣れしています。しかも、混泳の魚とも仲良くしようね!みたいな素振りをするのを見てしまうと、なんて良い子なんだ!と思ってしまいます。
また、アクリルガラス面のコケ取りをしていると、スポンジに(パクッではなく)じゃれついて来たりもします(本当は食べようとしているのでしょうが・・)。

そんなこんなで、見た目と違う魚なんです。

あっ。
どんな素振りかと?
臭いを嗅ぐように吻先で軽く触れて、視線を合わさないようにして、体の後半の一部をピタッとくっつけとくような。
えっ!
押しのけてるんじゃない? 電車の席取りみたい?

柔らかな頭部って。
金魚好きの私にとって、本種の成長とともに発達する頭部肉瘤の触り心地は、ランチュウに似た感触ですよ。
ちなみに、金魚の頭部肉瘤は皮膚の組織が著しく入り組んで、肥厚したものとされています。

太平洋


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!