• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2021.01.11 トリーター:黒川

2021/01/11 おすすめの魚 クマドリ

トロピカル水槽
トロピカル水槽

みなさんこんにちは!
今日は太平洋の「トロピカル水槽」から、個人的におすすめの魚を紹介します。

トロピカル水槽は、暖かい海で見られる色鮮やかな魚を展示している水槽です。
その中で、最近私のおすすめの魚はというと・・・

こちらの「クマドリ」です!


クマドリは、フグ目 モンガラカワハギ亜目 モンガラカワハギ科に属している魚で、太平洋西部~インド洋の温暖な地域に生息しています。
何とも言えない渋い色合いの体表に、流れるような赤橙色のラインが入っています。
この模様が歌舞伎独特の化粧法「隈取(クマドリ)」に似ていることから名づけられました。(そのまんま!)

以前、同じ水槽で展示しているマンジュウイシモチたちのヒレがボロボロになってしまう事件があり、その際に性格の荒いクマドリが悪さをしているんじゃないか?と疑いをかけられ、展示から外れてもらうことになりました。

網を持って潜っている私を見つけると、クマドリは何かを察知したのか、「よよいッ!」とどこかへ逃げてしまいました。
クマドリが消えたあたりを探しても見つからず、「これは長期戦になるな・・・」と覚悟しましたが、擬サンゴをひっくり返すとそのくぼみに隠れていました。
「こんな狭い所にいちゃ、捕まえられないだろう!このすっとこどっこい!」と、余裕そうにしていましたが、擬サンゴごと持ち上げて水槽から出してしまえばこっちのものです。
擬サンゴから出てこれなくなり、外でスタンバイしていた先輩に捕まりました。

約1ヶ月弱、バックヤードの水槽で暮らしている間は、小さな飾りサンゴの下に無理やり体を押し込んで「ちきしょう!てやんでぃ!」とやさぐれているようでした。

今はトロピカル水槽にマンジュウイシモチたちが隠れる場所を増やしたので、クマドリは水槽へ戻っていますが、以前捕まったのがトラウマなのか、潜っている間はほとんど姿を見せてくれなくなりました。

これはちょっと悲しいので、これから仲良くしていけたらなと思います。

太平洋


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!