2021年07月17日

2021/07/17 かいれい 駿河湾清水沖生物調査広報航海(1)

  • 期間:2021年7月17日(土)~7月18日(日)
  • 場所:駿河湾清水沖
  • 目的:海洋人材の裾野拡大への取り組み
  • 担当:西川


今日は朝からずっと晴れていて、肌がヒリヒリするくらい強い日差しが差していました。
しかし、船出にこれほどよい天気はないでしょう。私は今日から2日間の短い航海に来ています。乗っているのは、JAMSTECの深海調査研究船「かいれい」です。とても大きな船で、全長は106mもあり、船内は初めての人だと迷ってしまうくらい広いです。


深海調査研究船「かいれい」

「かいれい」は、最大潜航深度7000mまで潜航調査することができる無人探査機「かいこう」の支援母船です。この無人探査機「かいこう」で潜航調査をすることと、その様子を生中継しようというチャレンジングな航海です。生放送では、アイドルグループSTU48の原田清花さんがJAMSTECニコニコ深海研究部という番組の新人マネージャー役として乗船し、JAMSTECの船舶や観測機器等の運航・管理業務を担当している日本海洋事業株式会社の横田哲也さん、そしてえのすいトリーターが出演します。

今日の午前は船の移動時間(回航)だったので、研究用に採取する「かいこう」の生物の飼育水槽を設置しました。今回の潜航調査では、生物を採取してその様子を観察することも目的の1つで、もし深海生物を採取出来たら水族館で、長期飼育研究の様子を公開することも視野に入れています。深海の水温は3~4℃とかなりの低温ですが、水族館から持ってきた深海生物飼育用の水槽セットを使って深海と同じ水温に保ちます。トリーター2人で準備をしたらあっという間に設置できました。あとは明日、深海生物に出会えるのを祈るだけです。

午後には明日の潜航調査時に魚を寄せ付けるための餌の準備も行いました。今回の餌は「サバ」と「練り餌」です。紐を付けたりカゴに入れたりして数種類の餌を用意しました。名前もわからないような不思議な見た目の深海生物がこの餌に釣られて寄ってきてくれると嬉しいのですが、、、来るかどうかは明日のお楽しみです。


サバ


練り餌

生放送は今日の14時からスタートしています。えのすいトリーターは潜航調査時の生物解説役として主に明日出演する予定です。明日の9時から水深約1000mの潜航調査が始まります。どんな生き物と出会えるのか、とても楽しみです。

RSS