• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2012.01.25 トリーター:櫻井

2012/01/25 ヤドカリはいづこだ


先日の事。
お昼ご飯を食べ終わり、一日の中で三本の指に入るリラックスタイム、食後のコーヒーブレイク中に内線が入りました。
広報チームスタッフからで、ヤドカリはバックヤードにいますか?との事。
私は一日の中で最もほっとする時間、コーヒーブレイクを中断してヤドカリ探しの旅に出ました。
バックヤードまでの道中、私は、それが楽しみで生きている時間、コーヒーブレイクを中断した事も忘れこう考えていました。

「むう・・・、ヤドカリか・・・。あそこの水槽に確か・・・。
いやしかしあれは果たしてご要望のホンヤドカリだったか・・・。
もしも、もしもあのごちゃごちゃたくさんいるのがホンヤドカリではなく、みんなユビナガホンヤドカリであってみろ。
あとは何処にいたか・・・」
私の脳が沸騰する。
圧倒的閃き・・・!会心の突破口・・・!光・・・!
考えろ・・・!見出せ・・・!ざわ・・・ざわ・・・

このように、バックヤードに収容されている生物を訊かれる事も少なくはありません。
水族館には日々様々な生物が行き来しますが、どこに何が収容されているかをしっかりと把握しなければなりません。
魚など、漁師さんや業者さんから入ってきたものはまだしも、採集ものなどはうっかりしていると数日間その存在を認識しない事も・・・。
「あれ?これいつ入ったの?何処産?」
とならないように、常日頃からのトリーター同士の無駄話・・・ 改め情報共有の意味が込められたコミュニケーションはとても大切なのです。

ホンヤドカリ

見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!