• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2012.04.04 トリーター:鈴木

2012/04/04 イルカ・クジラ入門 1

~イルカとクジラの違いは?~


こんにちは、鈴木です。
もう順番が回ってきてしまいました。今回は早いです・・。

前回の入門ネタから次は何にしようかと考えていたのですが、なかなか思いつかず、結局また入門シリーズになってしまいました・・。
ただ、今回は今までの入門シリーズから「えのすい」が取れて、イルカ・クジラ入門です。
イルカ・クジラについての基礎知識などを分かり易く書いていこうと思いますので、どうかよろしくお願い致します。

それでは始めます!

さて第一回はイルカとクジラの違いです。
この話はかなり有名ですので、皆さんも一度はどこかで聞いた事があるかも知れませんが、復習も兼ねてもう一度!

実は、イルカとクジラは生物の分類上、どちらも「クジラ目(類)」に入る同じ仲間なんです。
このクジラ目は上あごにひげをもつ「ヒゲクジラ類」と、歯を持つ「ハクジラ類」に分けられているのですが、このうちハクジラ類の中で比較的小型(だいたい4m以下)のものをイルカと呼んでおり、大型のハクジラ類(だいたい4m以上)とヒゲクジラ類をクジラと呼んでいるんです。
つまり、イルカとクジラには明確な差は無く、体の大小でイルカ・クジラと便宜的に呼び分けていたんですね。
英語の“Dolphin”と“Whale”の区別も日本語の「イルカ」と「クジラ」の区別とほぼ同じです。

ただ、中にはゴンドウクジラの仲間のように4mより小さくてもクジラと呼ばれるものや、シロイルカのように4mを超える種類でもイルカと呼ばれることもあり、実はかなり曖昧です。
どうしてイルカ・クジラと呼び分けられるようになったか詳しくは分かりませんが、伝統的、感覚的なものが強いようです。

ちなみに・・
このイルカとクジラの名前の関係に似た動物は他にもいるんです。
しかも身近に!
例えば、
・オウムとインコ(どちらもオウム目)
・ワシとタカ(どちらもワシタカ目)
・フクロウとミミズク(どちらもフクロウ目)
などです。
どちらかと言えば、大型で尾の短いものがオウム、小型で尾の長いものがインコ。小~中型がタカ、大型のものをワシ。耳のように2つの羽角が立つのがミミズク、何もなければフクロウ。という具合です。
これらには、もちろん例外もありますし、あくまで感覚的な基準ですが、おおかたイルカやクジラのように当てはまります。

以上です!

皆さん如何でしたか?
これからこんな感じで新しいイルカ・クジラ入門をやっていきたいと思います。
内容はどのイルカ・クジラの本にも載っているような事ですが、いざ本を開いて勉強するのはなかなか難しいと思います。
この入門シリーズを読みながら自然とイルカ・クジラの事を学んで頂き、さらに鯨類に対して興味をもって頂けたら幸いです。

そして、興味が出たら、是非実物を見にえのすいにお越し下さい(^^)/
やはり実物はちがいますよ!
トリーター、イルカ・クジラ共々皆様の来館をお待ちしております。

今回の内容はちょっと説明っぽくなりすぎちゃいましたね・・。
これからもっと分かり易くできるよう努力しますので今回はこれで許して下さい・・。多分しばらくこれやりますのでどうかお付き合い下さいm(_ _)m

それでは失礼いたします!

イルカショースタジアム

バンドウイルカ(前)とオキゴンドウ(奥)

見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!