2013年05月18日
トリーター:城戸

2013/05/18 衣装チェンジ


フンボルトペンギンは、この時期から夏にかけて全身の羽を生え変える換羽を行います。
今日はすでに換羽が始まった、サンとムーンの様子をご紹介いたします。

ここ数年、えのすいで2月、3月に生まれた幼鳥は、ゴールデンウィークが終わったこの頃に換羽を迎えています。

ムーンは5月5日に始まり、もう全て生え変わりました。
サンは14日に始まり、背中のあたりとお腹のあたりだけ抜けています。
基本的に換羽は毎年行います。
成鳥は換羽を終えても、抜ける前と同じ模様になるだけです。
しかし、サンとムーンのように幼鳥から成鳥へと模様が変わる換羽は、一生のうち一度しかありません。
お腹のゴマ模様はそのままですが、顔や胸の黒いラインは、換羽が終わって初めてわかるので、徐々にその模様が見えてくる様子は、ワクワクします。

ムーンは完全に成鳥と同じ模様ですが、サンはもう少しだけ羽がボサボサとしている時期が続きます。
また、新しい羽と古い羽では羽艶も見た目で分かるほど違うので、是非えのすいに来た時は、その違いを見比べてみてください。

フンボルトペンギン「ムーン」フンボルトペンギン「ムーン」

フンボルトペンギン「サン」フンボルトペンギン「サン」

ペンギン・アザラシ

RSS