• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2013.07.07 トリーター:笠川

2013/07/07 クラゲライダー

イセエビ フィロゾーマ幼生
イセエビ フィロゾーマ幼生

出来るなら、私もクラゲに乗ってみたい・・・・

クラゲライダー(クラゲ乗り)と呼ばれる生き物がいます。

その生き物とは・・・ なんとイセエビなんです。

イセエビ??
あのイセエビがどうやって、水中をぷかぷかと漂うクラゲに乗れるのか???
そう、疑問に思った方は多いと思います。
実は、皆さんが今、思い浮かべたイセエビの姿ではクラゲには乗れません。
クラゲライダーになる時期は、赤ちゃんの時代です。

イセエビたち、赤ちゃんの時代は、フィロゾーマ幼生と呼ばれ、水中を浮遊するプランクトン生活をします。
そのときに、水中に漂うクラゲにくっ付き、クラゲに乗って移動し、隠れ家にし、そして食べちゃいます。
実は、乗りながら、少しずつクラゲも食べています。そうやって、クラゲライダーとして生活しながら、脱皮を繰り返し、やがて皆さんが知っているイセエビの姿になります。

海の中では、いろいろな生き物たちがクラゲを棲み家や隠れ家などにしています。
小魚たちが一緒に寄り添っていたり、エビやカニ、中にはイソギンチャク(ヤドリイソギンチャク)やノミ(クラゲノミ)、ときにはヒトデ(クモヒトデ)などもくっついていることがあります。
これらの生き物たちもイセエビ同様、卵からふ化して水中を漂っている時代にクラゲにくっ付き、そこでクラゲの捕まえた餌をもらいつつ、クラゲも食べつつ、成長しているようです。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!