• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.02.04 トリーター:北嶋

2015/02/04 もうすぐ1歳半

子ガメの身体測定
子ガメの身体測定

みなさま、こんにちは。良い天気が続いていますね。風のない日はウミガメの浜辺の日向が暖かくて気持ちがいいです。しかし、明日の朝は雪が降る予報。まだ気温の低い日が続いています。
ウミガメの浜辺でご覧いただいているもうすぐ1歳半になるアオウミガメの子ガメ。昨日は火曜日でしたので、子ガメの身体測定をしました。一番大きな5番は甲長36cm、体重6150g。着々と大きくなっています。もっと小さな頃は可愛さだけが際立っていましたが、近頃なんだか貫禄が出てきた気がします。昨年の夏頃から使用している移動用の青いザルにもう入りきれません。


あごのにく

この身体測定、秋頃までは展示スペースでも行っていました。しかし、寒くなってきてからはバックヤードで行うようにしています。どうしてかと言いますと、ウミガメは寒さに弱いからです。特に子ガメは大きなカメに比べて寒さへの耐性があまりありません。ウミガメの浜辺は外ですので、ここで身体測定をすると寒い外の空気にあたらせてしまうことになってしまいます。
展示の子ガメたちは毎日ローテーションで入れ替えをしています。皆、均等に外の光を浴びさせたいためです。また、頻繁に移動することによって、人に触られたり移動させられたりすることに対して慣れてもらえます。
移動するときには寒い外を通らなければなりません。以前はザルに入れて、そのまま台車に載せて移動をしていましたが、現在は保温できる発泡スチロールのケースに入れて移動しています。箱に「ウミガメ」と書いてありますが、何が入っているのか一見わかりませんので、出し入れするときはいつもお客さんがびっくりしています。
ちなみに、このローテーション移動のついでに身体測定をしていますので、展示の子ガメが留守になってしまうことはありません。ご安心を。

先月末の休館日明けからついに子ガメは1頭展示になりました。子ガメのいる水槽は、昨年春のオープン時には11頭も入っていましたが、成長する子ガメに合わせて収容する頭数を減らしてきました。
この1頭もいつまでこの水槽に入っていられるか。これまでの成長を見ていると、おそらく次の春か、夏か、、そんな遠くない気がします。


「ウミガメの浜辺」オープン時


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!