• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.02.04 トリーター:鈴木

2015/02/04 イルカ・クジラ入門 13 ~カマイルカに詳しくなろう~

カマイルカ「クロス」
カマイルカ「クロス」

こんにちは鈴木です。
今回はオキゴンドウ、ハナゴンドウに続く、詳しくなろうシリーズ第三弾、カマイルカです。
では始めます!

和名:カマイルカ
学名:Lagenorhynchus obliquidens
漢字:鎌海豚
英名:Pacific white-sided dolpin

まずは名前についてです。
和名は、漢字からも分かるように鎌が関係しています。実は背びれのカーブ具合が急で、鉤形に曲がっており、それが草などを刈る鎌に似ていることが由来しています。地方によっては、この特徴からカギヒレイルカとも呼ばれているそうです。
学名です。まず Lagenorhynchus は、ギリシャ語で「ボトル(瓶)」を意味するLagenosと「くちばし(吻)」を意味するrhynchusからきています。つまり、一般的なイルカの形である、長く突き出たボトルのような吻先のことですね。
obliquidens はラテン語で「斜めの、横向きの」という意味のobliquusと、「歯」の意味のdensからきています。斜めの歯??と思うかもしれませんが、実はカマイルカの細く小さな歯は根元から先端にかけてわずかに湾曲しているんですよ。私もあまり意識したことが無かったんですが、確かに見ると真っ直ぐではないんです。
英名は、太平洋(Pacific)に棲む、体側に白い模様のある(white-sided)イルカ(dolpin)と言う意味です。うん、分かり易い!因みに皆さんの予想通り、大西洋(Atlantic)に棲むタイセイヨウカマイルカというのもいて、主に模様が異なります。

続いて体の特徴についてです。
大きさは、成長すると2.3m程度、体重は150kg位になります。因みにえのすいのカマイルカのクロスとセブンは現在130kg位です。その他の目立った特徴は名前の所で言った通りです。

次に生息域です。
主に北太平洋の冷たい海や温暖な海に生息しており、日本でも主に日本海側で多く見られます。

最後に生態などです。
数百頭かそれより少ない数での群れで見られるのが普通なようですが、1000頭~それ以上の大群をつくることもあるようです。餌は魚類やイカで自然界では主に夜間餌を獲って食べるそうです。出産時期は夏と言われていますが最近の研究ではおもに秋のはじめ見られているようです。そしてやはりカマイルカと言えば、大変活発でアクロバティックな動きですね。私もカマイルカの機敏な動きが大好きですし、大ファンです。

ざっと、こんな感じでしょうか。
因みに、日本最長飼育記録のカマイルカはえのすいで暮らすクロスなんですよ。
今月でえのすいに来てなんと37年になります!いやー素晴らしいです。
高齢でも、動きはまだまだ現役です。是非これからも長生きで元気でいて欲しいですね。

いかがでしたか?
このシリーズ、残すはバンドウイルカのみですね。
このシリーズはあくまで入門編ということでえのすいにいる種類を書く予定でしたが、書きやすいので入門の垣根を越えて色々な種類書いてしまおうかな・・・と悪考しております(^_^;)
いよいよ入門とは名ばかりになってきました・・(_ _)

おっ、今回は珍しく短いですね!
(えっ?これで?)(はい、これで)・・(だいぶ)。
では次回まで、お楽しみにー!

関連日誌
2014/12/02 イルカ・クジラ入門 12 ~ハナゴンドウに詳しくなろう~
2014/09/04 イルカ・クジラ入門 10 ~オキゴンドウに詳しくなろう~

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!