• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.02.22 トリーター:石川

2015/02/22 ペンギン目線の自撮り棒

フンボルトペンギン
フンボルトペンギン

自撮り棒(セルフィースティック)。最近多くの方が使われていますね。

実は“えのすいのペンギンたち” まだあの存在に馴れていないようです。
もともとカメラの類や三脚は苦手だったのですが、映像コンテンツがあふれているこのご時世です。
ペンギンたちの子育ての様子や、なかなか見られない仕草などは生態記録としても重要ですし、そんなペンギンたちを皆さんにも見ていただきたいと思い、ペンギン舎の中に入るときに、頻繁にカメラを持ち込んで馴れてもらうようにしています。
その甲斐あってかコンパクトカメラやスマートホン、携帯電話にはだいぶ慣れ、嫌がることもなくなってきたように思っていたここ最近。
また、何かに驚くことが多くなってきました。
しばらくの間、警戒行動が見られる際に観察をつづけてみると、どうやらあの自撮り棒に警戒しているようでした。

人が手を伸ばして高い位置から撮るのと、そんなに違わないでしょ!って思うのですが、ペンギン目線では、まったく異質なものとして見えるようです。

もともと三脚には良いイメージがないようなので、そちらの類に分類されたみたいです。
そのため最近はまた三脚や、長い物などにまでも警戒し始めてきています。

自撮り棒や三脚を使われる際は、急に見せないで、人の身体から少しづつ出てくるようにして、なるべく刺激しないように撮影してみてください。
きっとその方がいい顔をしたペンギンが撮れると思います。

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!