• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.03.12 トリーター:根本

2015/03/12 メンダコ16日目


毎朝、開館前に展示水槽の見回りへ行くのですが、メンダコの水槽を覗くときは少しドキドキです。可能であれば誰かに偵察を頼みたいくらいです…。
心の準備を整え、心の中で「めくれていませんように…」と唱えてからのぞき穴から様子を見ます。

メンダコの生態についてはまだまだ謎ですが、飼育経験から状態が悪化している時だけはわかるようになりました。体が立ち、厚みが増し、吸盤が見えるくらいに反り返ってしまうともうダメです。水槽の底の一部のようにベトッと張り付いていればとりあえず安心です。
今朝もとりあえず平たくなっていました。大丈夫なようです。

ちなみに「良い状態」については、良く解りません…。飼育下での観察や他館の方のお話をまとめると、底で平たくなっているのが「良い状態」と言うことになります。
海底でどの様に暮らしているのかが見られるといいのですが…、と、そのような時に役に立つのが「国際海洋環境情報センター(GODAC:ゴーダック)」のwebサイト!
[ 国際海洋環境情報センター(GODAC:ゴーダック) ]

JAMSTECの「しんかい6500」や様々な探査機で捉えた生物の映像が公開されています。
検索すると「メンダコの仲間」は3つの写真と8つの映像がヒットし、見てみると泳いでいるものも底に張り付いているものもいます…。潜水船のライトや機械音の影響もあるでしょうから「普段のメンダコの様子」かどうかは何とも言えませんね。

それよりも驚くことに、ほとんどの映像が水深1,000mを越えています。深いものでは水深4,929mのものがあります。映像の個体が飼育個体の種と同じとは限りませんが、全体に我々が底引きで採集する水深よりも深いです。地域的に近い相模湾の映像もありますが、水深1160mでした(「しんかい2000」撮影)。低温での飼育が向いているのかもしれませんね。
えのすいで採集したのは水深約300mですが、展示はその水深帯よりもやや低めの7℃、バックヤードは11℃で飼育しています。

昨日の給餌ですが、“微妙”でした。
月曜日に初めて餌を食べてからの2回目の給餌です。
反応はまずまず良いのです。掴んで口元に持って行く行動は2度見せましたが、食べたかどうか怪しい雰囲気があります。なにせ落ち着きが無いのです。

口元に持って行く行動のその前後は、激しく泳いでしまっています。このようなときは口元でエサを離してしまっていることが多いのです。エサが残っているかが確認できればいいのですが、なにぶん水槽が暗くて飼育員にもよく見えません…。またメンダコの下敷きになっている可能性もあります。
今回のところは、「食べたかもしれない」と言った結果でした。バックヤードのメンダコは全然ダメでした。まだ嫌がっているようです。殻を剥いて与えたときは少し良さそうな反応が見られましたが、掴むところまではいきません。
こちらもコツコツ頑張ってみます。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!