• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.11.04 トリーター:加登岡

2015/11/04 「ミュー」我慢

シシャモをくわえている「ミュー」
シシャモをくわえている「ミュー」

バンドウイルカの「ミュー」はとても食欲旺盛です。子育て中ということもあり、他のバンドウイルカと比べると給餌量が多いです。
「ルイ」が一日に13.5kg食べているのに対し、「ミュー」は18.5kg食べています。この量はオキゴンドウの「セーラー」と同じ量です。それだけ子育てにはエネルギーを使うのです。
これだけの量を食べていながら、他の個体の魚も食べようとします。
隣で給餌している娘の「ミル」が上手く魚をキャッチすることが出来なかったら、それを横取りします。
また、プール底に他の個体の魚が落ちているとわざわざ拾いに行ってしまいます。
トレーナーとしては魚を拾いに行かずに、トレーナーに集中してもらいたいものです。
そこで、「ミュー」に少し魚に対しての我慢ができるようにトレーニングを開始しました。
その方法が魚をくわえて、食べるのを我慢するというもの。
他の個体でも我慢できる個体がいるので、「ミュー」も出来るはずとトレーニングを開始しました。

まず、小さい魚を口先に乗せました。もちろん「ミュー」は食べていいものだと、すぐに飲み込もうとします。
そこを飲み込ませないようにこちらも魚を渡しません。
これを繰り返していると「ミュー」も理解し始め、少しずつくわえられるようになりました。
くわえた後はその魚を一度返してもらい、もっと沢山の魚を改めてご褒美として与えます。
しかし、「ミュー」も返したくない時があります。それは大きな魚をくわえた時。
小さい魚だと返してくれるのですが、大きい魚をくわえさせると、くわえたまま魚を返そうとしません。
魚を引っ張っても頑として離さないのです。
この魚は譲らないと目つきも気持ちきつくなります。
「ミュー」の好きなものがこれで分かったような気がします。

まだまだ長い時間くわえることはできませんが、いずれは魚をくわえたままプールを一周できればいいなと思っています。
運がよければトレーニングをしている姿を見られるかもしれませんので、ぜひ「ミュー」に会いに来てください。

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!