• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.06.05 トリーター:北田

2016/06/05 雨の日シールの歴史

今年の雨の日限定 傘マーカーシール
今年の雨の日限定 傘マーカーシール

6月からの「雨の日限定企画」では、先着500名さまに傘マーカーシールをプレゼントしています。
今年のデザインは「ナンヨウハギとカクレクマノミ」。みんなが知っている人気の魚がシールになりました。
私は以前、雨の日シールの1回目から担当しておりましたので、今日はちょっと雨の日シールを振り返ってみようと思います。

雨の日にシールを配る企画は2012年から始まっており、最初は6種類のウミウシシールから始まりました。


2012年版

シールのデザインについて当初は「アメフラシ」を考えていたのですが、(6月雨の日 → 雨にちなんだ生き物 → 雨降らし[アメフラシ] → でも地味になってしまうのできれいなアメフラシの仲間 → ウミウシ → )こんな流れからウミウシシールとの流れになったのです。
この時は、ムカデミノウミウシよりアオウミウシの方がやはり人気がありましたね。
しかし、「雨の日とウミウシ」のつながりが難しいため、翌年からは紫色の汁を出したアメフラシのシールも加えて計8種類のシールとなりました。


2013年版 新デザイン2種

雨の日シール3年目の時は、「雨にちなんだ生き物のシール」というよりも「雨で使える生き物シール」へと方向を考えてゆきました。
雨が降れば多くの方は傘を使うはずですので、傘に付ける目印的なものからアイテムを探し始め、この特殊なシールとなったのです。
傘マーカーシールは小さいですが、ちゃんと耐候性・耐水性の素材です。
特に、どこでも売っているビニール傘を使っている方は、自分の傘が分かりやすく便利かと思います。
2014年のデザインは「ウミガメ」と「ミズクラゲ」。10周年のウミガメの浜辺オープン記念としてウミガメを選び、そして餌つながりでクラゲにしました。


2014年版

2015年のデザインは「メンダコ」と「イルカ」、「えのすい」代表生物を選びました。特にメンダコは長期飼育記録(メンダコチャレンジ48日の達成)などもありましたので、推してみました。


2015年版

と、このようにイベントプレゼント一つにとっても振り返ってみればちょっとした歴史となります。
ただのシール1枚でも、A4用紙一枚分語れるぐらいの歴史と想いがありますので、ぜひ手にとって、こんな所からも“えのすいらしさ”を感じていただければと思います。

今年は7月15日まで雨の日限定企画を実施しております。江の島の天気をチェックしながら梅雨を楽しんでみてください。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!