• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.11.26 トリーター:西谷

2016/11/26 冬到来?


雪が降り積もった24日、海からもイルカプールからも湯気があがっていて、まるで温泉のようでした。
そんな寒い日でも、凍えているヒトとは対照的に、プールにいるイルカ達は元気に泳ぎ回っていましたよ!

「イルカ達は寒くないの?」と思いますよね。
おとといの秋山トリーターの日誌にもあったように、実はえのすいのイルカプール、一年中だいたい19度以上に保たれています。
あったかいところにいられるイルカたち、うらやましい・・・

ただ、外洋ではもっともっと海水温が下がるところもあります。それでも大丈夫。
例えばバンドウイルカは皮下に 1cm以上の脂肪層があり、それが断熱材の役割を果たして体温を逃がさないような体のシステムになっています。こうやって体温が低くならないような工夫がなされているのです。
普段のイルカたちの体温はだいたい 36.0~37.0度と、ヒトと同じくらいです。
この季節にヒレを触ると暖をとれるので、離したくなくなります。

この時期になるとヒトだけではなくイルカたちの息も白くなります。
勢いよく呼吸すると、とっても高くまで白い息が上がります。みなさん、それにも注目してみてくださいね!

イルカたちのように皮下脂肪を蓄えるのもいいかもしれませんが、着込んで、体を動かして、なんとか冬を乗り切っていきましょう!

関連日誌
2016/11/24 なんて寒い日だ!!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!