• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.04.21 トリーター:戸倉

2017/04/21 今朝の様々なカメたち

アゴを乗せて寝ているアオウミガメ(No.6)
アゴを乗せて寝ているアオウミガメ(No.6)

今朝、ウミガメプールを見回っていたら、アオウミガメの子ガメ(No.6 *名前はまだありません。)が、ガラス面下の段差の所にアゴを乗せて寝ている姿を見つけました。もちろん後肢は底に付いていません。ですから微妙に浮きながら下アゴのみでバランスをとっていたのです。(もちろん寝ています。)ガラス越しに何枚か写真を撮っていたらアゴが滑ってスルスルッと沈み、ようやく目が覚めた様です。
(ちなみに、ウミガメは2時間位、平気で息を止めて水中で寝ることができます。)


ちょっと寝ぼけた感じで顔を出したNo.6

 「何かありました?」と言う感じで私の方を見に来たNo.6でした。

さて、みなさんは、ウミガメの浜辺に“リクガメ”が展示されているのをご存知でしょうか?
以前、上記のNo.6たちが小さかった頃に展示していた水槽を改造して、現在はインドホシガメを展示しています。このホシガメはワシントン条約によって空港で摘発・保護・収容された個体です。今でも絶えない野生動物の不法による国際取引(密輸)の現状を広く一般に啓蒙することを目的に展示をしていますが、同時にウミガメとリクガメの体のつくりの違いも解説表記しています。
今日は、このリクガメたちが展示されるまでの朝の流れをご紹介します。
実は、24時間展示エリアに居るわけでは無く、夜間はバックヤードの水槽で仲間たち4匹と共に暮らしています。そして開館時間の9時に合わせて、その内の2匹が展示エリアに「出勤」するわけです。それまでの間に「朝風呂」に入ったり「食事」をしたりするので、時間的に結構前から出勤の準備をするのです。


食事の準備(リクガメフードと小松菜)

だいたい朝7時30分頃に乾燥したフードをぬるま湯でふやかし始めます。


お風呂に入る4匹

次に朝風呂に入ります。これは本来入らなくても良いようですが、この子たちは長年の習慣になっているようで、こうすることによって、水分補給と腸内運動が活発になり、より排便が促されるようです。これが意外と長風呂で30分~40分ほど入っています。それ以上短いとあまり排便をしてくれないような感じです。


風呂上り!

風呂上りにはしっかり体を拭いて・・・


みんなでご飯!

8時10分頃に、最初にふやかしておいたフードをみんなで食べます。この時に摂餌の状態を確認します。すぐに離れてしまう者や、なかなか食べない者・・・ちなみに今日は全員良く食べました!
その摂餌状態によって、その日の出勤者が決まります。


出勤準備!

バックヤードの水槽から展示エリアまでの通勤には、発泡スチロールの箱を使います。冬の寒い日や、真夏の暑い日など、急激な温度変化が無いように配慮が必要になります。


展示エリアに出勤!

8時45分頃、バックヤード水槽よりやや広い展示水槽に到着です。平均2日に1日は日中この展示水槽で過ごします。


出勤完了!

「またここか!」と思っているかどうか?は分かりませんが、到着後一瞬周りを見回し、2匹それぞれが、思い思いに動き始めます。


あっと言う間にめちゃくちゃです!

そして、せっかく整えたパネルヒーターなどもひっくり返してめちゃくちゃになってしまいます。最近床材のウッドチップを新しく、そして増量したのでその床材を掘り進んだりしている内にこのような状態になってしまいます。きっと何かに隠れたいのだと思いますが、隠れてしまっては展示にならないので、微妙な感じとなっております。
そんな恥ずかしがり屋のインドホシガメたちを是非、覗きに来てください。

ウミガメの浜辺


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!