• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.04.27 トリーター:植田

2017/04/27 今日が初日です!


今年は、2017年。私が旧江の島水族館に入社してしばらくたった1987年の5月に行った、第1回目の江の島海岸動物相の調査から30年が経ちました。
その間に、92年、97年、2002年、07年、そして12年と5年おきに同じ調査をくりかえしてきました。その回数は6回です。最後の回から5年たった今年は、第7回目の調査年です。
そして今日がその7回目の調査の初日となったのです。

この調査では、江の島の海岸へ出向き、いわゆる潮間帯を調査場所として、目で種別の判定がおおよそ可能な程度の大きさの動物たちを対象として、その場所に生息していたかどうかを記録することで進めます。
江の島の海岸は、岩場や大小の石が堆積してでできた自然の海岸と、人の手で改修された人工の海岸に大別されます。また、近隣河川の境川からの河川水が広がってくるような内湾の場所や、激しく波が打ち当たる外海の場所もあり、海岸の様相が様々に異なっています。
そのような異なる海岸環境の場所を6カ所選んで、そこに生息する動物の顔ぶれを比較することを目的にしています。

今日ははじめに島の南側海岸に広がる磯場に行き、生息する動物の種類を確認しました。その次に、北東側の漁港に行って、コンクリートで覆われた護岸壁で種類を確認しました。
この後、5月にも幾日か調査の日を設定し、残りの4カ所を調査する予定です。調査結果は、毎回論文にまとめ、一般の方へも情報を共有するよう努めております。
因みに過去の調査で最多の種類数を確認したのは、第4回の調査で196種が確認されました。さて、今回は何種ほどの動物たちが江の島の海岸に住んでいることでしょうか?


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!