• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.06.25 トリーター:戸倉

2017/06/25 定期健康診断!

直甲長の測定(アオウミガメのNo.9)
直甲長の測定(アオウミガメのNo.9)

健康診断と言っても私のではなく、先日ウミガメたちの健康診断を行いましたので、そのようすをご紹介いたします。

まず、毎月恒例になりました子ガメたちのプロポーション測定ですが、今月で 3歳 9ヶ月になり、平均体重はなんと 21kg!
甲羅の長さは一番大きい個体で 55cm。測定作業もトリーターにとっては“重労働”になってきました。
でも子ガメたちはターゲットと呼ばれる棒の先に付いた目標物に寄って来るように、トレーニングが施されているので、呼び寄せるのは簡単です。
しかし、そのプールサイドから測定場所に運ぶまでが大変。
500mlペットボトルに換算すると約 40本。これがバタバタと動き、更に濡れている訳ですから、20kg以上の重さに感じます。
小さな頃に比べると、成長曲線は緩やかになりましたが、まだまだ確実に大きくなっています!


アカウミガメ「ノア」の甲長測定

大人のウミガメたちは、ほぼ1年に1度プロポーション測定を行います。
他には血液検査のための採血と体重測定、メス個体には体内の卵を確認するための超音波診断も行いました。
イルカやアシカと違ってハズバンダリートレーニングを施していませんから、カメたちは「何をされるんだろう?」とバタバタ動きますので、トリーターみんなで暴れないように抑える必要があります。
一番大きな個体で 106.5kg(アオウミガメ ♀のレッド)ありますので、パワーがあり抑えるのが大変です。


左/採血のようす  右/超音波診断のようす

ウミガメの場合、採血は首周りから採ります。ここの血管は細かな網状になっているらしく、針をやさしく刺すと、針で血管網をトランポリンのように押し込んでしまい、針が血管に刺さらず採血できません。
ですからこの場合、意を決して勢いよく“ブスッ!”と針を打ち込みます。
見ている方は「うっ!」となりますが、これがウミガメの採血方法なのです。

大人のウミガメたちの健康診断は、水族館がオープンする前に全て終わらせてしまいます。我々トリーターも砂まみれになってしまい、移動をする際にあちらこちらを砂だらけにしてしまうので、開館前にそれらの掃除も済ませるのですが、子ガメたちのプロポーション測定は開館中に行います。
9月17日生まれですから毎月の17日以降に行いますが、トリーターの都合の良い日に行いますので、実施日の確約はできません。
ただ最近では日常作業が一段落する午後に行う事が多いです。
運良くその場に居合わせた方はラッキーかもしれませんね。

ウミガメの浜辺





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!