• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.07.06 トリーター:伊藤

2017/07/06 アゴアマダイ元気です


当館にやってきて2ヶ月、展示して1ヶ月が経ちました。大変希少な「生きた」アゴアマダイ。
その珍しさというか、すごさを一部紹介します。

本種は、日本産アゴアマダイの代表ともいえる和名を授かっているものの、日本各地でぽつぽつと記録があるだけです。しかも、やや深い100mくらいの海底にくらすため、自然下での観察が難しいのです。
たまに釣れることもありますが(当館の個体は釣獲個体です)、弱ってしまうと体の色があせてしまうので、本来の姿がずっと謎に包まれていました。

つい最近、ダイバーによる生態写真が発表されたことで、生きている本種の体色が、それまで知られていた灰色とはまったく異なることが分かり、魚類研究者を驚かせました。
そんな魚が今、えのすいの水槽で、ほんの数cmの距離でご覧頂けます。本種の生きている時の色と動きは、大げさに言えば、シーラカンスの映像より貴重と言えます。

展示当初は目と口しか巣穴から出さずに警戒していましたが、最近では喉元、運が良ければお腹あたりまで出てきています。細い棒の先にエビを付けて巣穴の入り口に差し出すと、バククッといい感じの「アタリ」とともに食べてくれます。
なるべく長期間にわたり状態よく展示すべく頑張っております。まだご覧になっていない方は是非お越しください。

[珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。「アゴアマダイ」の展示を始めました。]

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!