• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.08.18 トリーター:冨永

2017/08/18 タツノオトシゴの仲間「タカクラタツ」


みなさんこんにちは!
ここ数日ちょっとどんよりとした天気の日が続いていますが、まだ8月! 夏真っ盛りです。
小学生のみなさんは、夏休みの宿題に追われているかもしれませんね。。でも大丈夫!
水族館には夏休みの自由研究の題材が沢山あります。
可愛いイルカやカッコいいサメなどの生態を調べるのももちろん楽しいですが、小さな魚にちょっと目を向けてじっくりとその行動を観察しながら、焦点をしぼって深く掘り下げてみるのも新しい発見があってわくわくしますね。

今日は、体は小さいけれど、その動きも表情も面白いタツノオトシゴの仲間のタカクラタツをご紹介します!
タカクラタツは現在、相模湾ゾーンのキッズ水槽で暮らしています。タツノオトシゴの仲間はとてもユニークな体つきをしています。多くの方が想像する魚は、泳ぐのに適した尾鰭を持っています。しかし、タカクラタツは尾鰭を持たず、泳ぐというよりは藻場や岩礁域で何かにつかまれるのに適した尾をしています。ですから、たまに泳ぐことはありますが、他の魚に比べるととてもゆっくりです。

そして、タツノオトシゴは、ときどき「オスが出産している」と言われることがあります。これはどういうことかというと、タツノオトシゴのオスのお腹には育児嚢と呼ばれるポケットがあります。メスはそのポケットに卵を産み、オスは卵が孵化するまでポケットの中で守ります。孵化した子どもたちが外に出る時、オスのお腹から出てくるのでオスが出産している、といわれることがあります。

いかがですか? タカクラタツ、少し気になってきましたでしょうか?
是非、実物をじっくり観察してみてください。きっとパッと見ただけでは気付かない小さな発見が沢山できるはずです。
また、タカクラタツの水槽には同じヨウジウオ科のホシヨウジも暮らしていますので、姿の違いと共通点を色々と探してみてくださいね。

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!