• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.01.14 トリーター:倉形

2019/01/14 赤ちゃん3頭すくすく成長しています


コツメカワウソ「ミサキ」が昨年12月21、22日に出産してから、早24日が経ちました。

3頭の子は、日に日に大きく成長しています。とはいっても、まだ身体測定はできていませんので、いまの体重や体長をお伝えできないのが誠に残念です。

巣箱交換の際、現在は両親が子を咥えて移動をさせているのですが、出産当初、ヨモギは雄で体もミサキよりも大きく、顎の力もあるので、余裕で咥えていました。
ミサキは1歳の雌なので体もヨモギから比べたら小さく、顎の力というよりは口の大きさも関係するのか、子を移動させる時に咥えず両手(前肢)で抱え上げるようすや、片手で抱えて移動をさせるようすが見られましたが、さすがに最近では子が成長し、抱え上げられるほどの大きさでは無く、またヨモギが子を移動させている姿を見て学習したのか、しっかりと咥えて子を移動させています。

ミサキもまだまだ、係員が飼育舎に入室すると、遊んで遊んでと甘えたりもしますが、子を咥え移動させている姿や、授乳している姿を見るたびに、人間のように出産前誰かに育児を教えてもらったわけでも無く、ミサキに備わっている本能(母性)が母親(雌)として頑張っている感が伝わってきます。私たち担当者、いや、私たち人間としても見習わなければいけないなとつくづく実感しています。

現在、子はまだ目も開いておらず、自力で飼育舎内を移動することができないため、みなさんが来場された際に子が確実に見られるというわけではございません。ご了承ください。
たまたま、親が巣箱交換のタイミングや何かのタイミングで子を移動させている姿を幸運にもめぐり合うことができたならば、騒ぎ立てず、静かに見守ってあげてください。
みなさんの優しさが、ミサキとヨモギの子育てに安心安全な場所であることがわかり、今後の子孫繁栄にも繋がって行きますので、よろしくお願い致します。

これからもいろいろな形でミサキやヨモギ、その子どもたちのようすをお伝えして行きます。楽しみお待ちください。

カワウソ~木漏れ日のオアシス~


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!