2019年09月13日
トリーター:今井

もぐもぐプール秋便り

「さかなのもぐもぐプール」には、底面が筒抜けのアクリル水槽があり、水面からでは見えずらい魚の姿を横から観察できるようになっています。
先日、管理部のYさんから、ただ置いてあるだけではアクリルガラスが乾いて味気ないので、水槽表面に水を薄く流して、もっと目立つようにしたらとアイディアをいただきました。
そこで、水槽の循環水をかけたところ、活き活きと輝いて見えるようになりました!
(自分のイメージを確かめるべく、ちょっと小物を置いてみました。確かに食欲が湧きました!)

ふだんから料亭などに通われる方は、いろいろと目を配られておられるのだなと感心させられた次第です。

この水槽の下側から、販売中の「さかなにごはん」の餌を手のひらで仰ぎ入れるようにすると、飛び込んでくる魚の姿が垣間見られます。


自分も腹八分目くらいにして、食欲という目を持つと、いつもと違ったアイディアが湧くかもなぁと思いました。


夏休み中、たくさんのお客さまから「魚のごはん」をいただいて、丸々と成長したウグイたちにぜひ会いに来てくださいね!

[ さかなにごはん ]

さかなにごはん

RSS