2020年01月19日
トリーター:笠川

未知との遭遇

ギマギマ

『ギマ』という魚をご紹介します。

名前もなかなかパンチの効いた変わった名前です。名前だけ聞いたら魚かどうかわからないものです。
この魚、私は初めて見たとき、一瞬宇宙人かと思いました。銀色の体に、黄色いヒレ、背びれと腹びれはトゲ、なんといっても顔のバランスがなんか変。おちょぼ口に大きな目。体のバランスもちょっと変なような。二種類の魚が合体したみたいな魚です。非常にユニーク。二度見すること間違いないと思います。

そして忘れられない顔でしょう。このギマ、前は、アマモ水槽にひっそりといましたが、現在、入口入って二番目の水槽、通称じゃぶじゃぶ池に数匹入っています。必見です。

ちなみに、私は食べたことがないのですが、美味しいらしいです。カワハギの肝とトラフグの身をもつ魚? 釣り人からも外道で人気らしいです。腹びれのトゲでうまく立つのでインスタ映えも狙えるようです。いい話のネタになりそうですね。

相模湾ゾーン

RSS