2020年06月17日
トリーター:山本

コツブクラゲがいっぱい

コツブクラゲコツブクラゲ

最近、江の島ではコツブクラゲがたくさん採れます。
コツブクラゲはこんなクラゲです(写真上)。

最大でも1mmから2mmくらいで、名前の通り本当に「小粒」。
私はこのコツブクラゲのような、点と線で描いたような、シンプルな形のクラゲが大好きです。
どうしてこんなにも儚い生き物が、外敵の多い海で生きていけるのでしょうか。
なんと、コツブクラゲはクラゲの状態で自分のクローンを作り、爆発的に増えることができるのです。
ほんの 30分ほどの採集で、多いときには 100、200・・・ 数えきれないほどを採集することができます。

今日も海では小さな世界で食い食われ。
コツブクラゲは現在クラゲサイエンスで展示中です。
よーく目を凝らせばたくさんいるのが見えるはず。せっかくクラゲサイエンスに来たのなら、他では見ることのできない極小クラゲたちも要チェックですよ。

クラゲサイエンス

RSS