2020年06月28日
トリーター:長野

期待の新人〇〇〇〇!

みなさん、初めまして。
新人トリーターの長野です。

4月よりえのすいトリーターとして新しくスタートを切りましたが、
“えのすい”は5月30日まで休館をいただいていました。
僕はみなさんにお会いする日を楽しみに、新しい環境の中で休館中も仕事をしていました。

今日は“成長”をテーマにいくつかお話ししたいと思います。
まずは、題目にある「期待の新人〇〇〇〇!」についてです。
みなさん、〇〇〇〇には何が入ると思いますか?
そうです!「期待の新人トリーター!」と言いたいところですがまだまだそんな自信もないので、
休館中に“えのすい”にやってきた(誕生した)「期待の新人子イルカ!」についてお話ししようと思います。
過去のトリーター日誌に何度も登場していますが、今回は新人トリーターだからこそ感じる事をお話しできればと思います。


子イルカは4月にブリーディングプールで誕生しました。
お気づきの方もいるかと思いますが、なんと!子イルカは僕と”同期”になります(勝手に言っています)。
僕の“同期”は、誕生したばかりの頃は母親の「シリアス」のそばをくっついて離れないよう必死に泳いでいました。
僕と同様にえのすいにやってきてまだ日は経っていませんが、“えのすい”で誕生して2ヵ月が経った現在では、1頭でプール内を泳ぎ、母親の「シリアス」がジャンプする姿を真似して小ジャンプをするまでに成長し、先輩トリーターのみなさんは厚い期待を寄せています。
同期の僕からしても、とても嬉しい成長です!

ここで“同期”の話だけでなく、少しだけ僕の成長についてもお話しさせていただきます。
徐々に様々な仕事を任せていただいており、今日は“母子観察”という仕事を紹介しようと思います。

“えのすい”再開後にご来館された方は、子イルカのいるブリーディングプールの前で何か書いているトリーターを見たことがあるかもしれません。


これは一日を通して、子イルカがどのような行動を行っているのかを観察しています。
子イルカがとる行動ひとつひとつにたくさんの“理由”があります。
ぜひみなさんにはその“理由”を考えて観察していただくと、面白い発見があると思いますので、トリーターになった気持ちで観察してみてはいかがでしょうか!

日に日に大きくなり、様々な行動をする子イルカを観察して“同期”の急成長を肌で感じ、僕も負けられないという気持ちになり、日々仕事に励んでいます。

一日でも早くみなさんの前でショーに出て、“同期”に負けない成長を見せられるように頑張りますので、新人トリーター長野と新人子イルカのことを今後ともよろしくお願いします!

イルカショースタジアム

RSS