2020年10月05日
トリーター:水村

2020/10/05 “えきすい”の落水掃除

今日は掃除の話ですよー!
“えきすい”(小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅構内のクラゲ水槽)のクラゲを 朝全部取り出して、水槽内の水を全部抜いて掃除をします!
どうして掃除をするかというと、エサの食べ残しが沈んだり、コケが生えてしまったりと、見た目もよくないですし、クラゲたちにもよくないので。
ということで、8月の落水掃除には参加できなかったのですが、今回は参加できました!!!
私も落水掃除は初めてです。そして、体験しました。
クラゲの水槽内。
私、入ってみました!(みんな入って掃除するんです)
狭い・・・・。
もちろん、クラゲ専用なので、人が入るのは狭いのです。
身動きはできるので、内側からこびりついたコケを取って、高い場所は梯子を使って、汚れている場所をキレイにしました。
四角い水槽ではなく、丸い水槽なので、洗いやすい場所もあれば、やりにくい場所もあって・・・。
スポンジを使っているので、上の方を掃除すると、腕をつたってコケ混じりの水が流れてきたり、水を撒くと上から水がポタポタしたり、いろいろありました。

日中の掃除なので、電車も動いています。
なので、駅に到着した電車から、たくさんの人が降りてくるようすも掃除をしている水槽内から見ていました(笑)
何をしてるの?と立ち止まる方が結構いたり。
なかなか水槽内に人が入って掃除をするようすは、普段お客さまもご覧になれないので、珍しそうに見ている方や、小さなお子さんは興味津々で見ながら歩くようすもありました。
裏側の仕事をみるのも、結構面白いですよね!
私は、水槽に入って面白かったので(笑)新しいものを見る、体験するのは、興味が湧きますね。
文章だけだと、つまらないので、掃除中の写真も付けました!(いつも写真付きですが)
ラッキーなことに、スタッフが撮ってくれていたので、紹介します!



こんなことも、トリーターの大切な仕事です☆

RSS