• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2020.08.31 トリーター:伊藤

2020/08/31 江の島 (2)
大水槽のモデル地点で本調査1回目

期間:2020年8月31日(月)
場所:江の島
目的:潮間帯と陸域のカニ類の調査


みなさま、こんにちは。
前回の下調べを受けて、今回からは本調査です。地点を定めて入念に生息種やその密度を見極めていきます。

まずは江の島の南東岸です。
ここらは当館の相模湾ゾーンの「出会いの海」や「相模湾大水槽」のモデルにもなっている波当たりの強い岩礁です。
参加者は私と植田さんに加えて、経験者の崎山さん、そして初参加の元海獣類担当、加登岡トリーターです。心強い布陣です。


潮間帯での調査のようす。

まずは潮間帯。
カニの潜んでいそうな場所だらけです。石をひっくり返したり、ピンセットですき間をほじくったりして、ひたすら探索していると、あっという間に時間が過ぎます。
成果はヒライソガニやオウギガニがたくさんといった具合で、種としてはおなじみ。
まあ、予想通りです。
それもまた、江の島の自然が維持されていることが分かるので、成果として「あり」です。


これが江の島の「海辺」とは思えません。

次は潮間帯の上の方、普段はあまり調査対象にしていない海沿いの陸域「飛沫帯」です。
江の島の断崖からたらたらと淡水が染み出て湿り、岩場だというのに緑が茂っています。
こんな場所からは、あっと驚く意外なカニが見つかることがあります。


今年はベンケイガニが多い。


雌ベンケイガニのお腹。

ベンケイガニやアカテガニがけっこう見つかります。
みなさまからしたら「えっ!江の島にアカテガニがいるの?川のカニでしょ!」って感じじゃないですか。
そうなんです。これが江の島の面白いところ。
すごく乱暴な言い方をすれば、江の島は「境川の河口を遮るようにそびえる岩山」です。
河口に面していることに加え、島そのものからも淡水が染み出す、れっきとした淡水&汽水環境を持つ島なのです。

それにしても暑いです。
がけ崩れに備えてヘルメットをかぶっていたので、蒸れて仕方ありません。
次回の調査では秋らしいそよ風を期待しています。


バックナンバー
一覧 RSS

2020/08/31 江の島 (2)

2020/08/16 江の島 (1)

2020/07/09 東京湾奥(2)

2020/07/09 東京湾奥(1)

2020/02/01 相模湾鯨類調査

2020/01/21 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(7)

2020/01/20 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(6)

2020/01/19 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(5)

2020/01/18 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(4)

2020/01/17 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(3)

2020/01/16 相模湾鯨類調査

2020/01/16 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(2)

2020/01/15 鹿児島湾及び周辺海域調査航海(1)

2020/01/11 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(5)

2020/01/10 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(4)

2020/01/09 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(3)

2020/01/08 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(2)

2020/01/07 相模湾・伊豆小笠原海域調査航海(1)

2019/12/26 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(8)

2019/11/07 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(7)

2019/11/06 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(6)

2019/11/05 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(5)

2019/11/04 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(4)

2019/11/03 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(3)

2019/11/02 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(2)

2019/11/01 豊潮丸 硫黄島周辺海域生物採集調査航海(1)

2019/09/04 相模湾沿岸

2019/08/09~08/12 岩手県宮古沖体験乗船(3)

2019/08/09~08/12 岩手県宮古沖体験乗船(2)

2019/08/08 岩手県宮古沖体験乗船(1)