• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2012.08.04 トリーター:鈴木

2012/08/04 イルカ・クジラ入門 4

~イルカ・クジラの泳ぐ速さは?~


7月末にお会いしたばかりなのですが、8月は頭の方にこの日誌の順番が回り、またまた登場させて頂きました。
改めましてこんにちは、鈴木です。

何だかようやく入門編らしいタイトルになりましたね。
ただ、こういった誰もが気になって良く質問が出る、飼育員さんならこれくらい知ってるでしょ?というような人間の世界ではごく当たり前な疑問ほど、動物で調べるのは大変難しいものが多いんです・・。

今回の泳ぐ速さもそうです。
例えば最大速度を測るといっても、一定の距離をすんなり泳いではくれませんし、動物にとってどれが本気の速さすら分かりません。
だからといって全く分かっていないわけでもありません。
世界中の研究者などが試行錯誤を重ね、様々な手法でこれらのデーターを取っています。
それらを参考にして今回は書いていきたいと思います。
もちろん私が調べられる範囲ですが・・。
どうかそれを踏まえてご覧頂ければと思います。

まずは大型のヒゲクジラの仲間
通常の遊泳ではだいたい時速5~30kmで、最大速度は種類によって異なりますが、時速40km~60km程度と言われています。
この最大速度というのは、敵から逃げるなど何か緊急に切迫した時の速さと考えてください。
ただ、中には最大速度が20km未満のものもいます。
そういった遊泳速度が遅いものが歴史的に捕鯨の対象にされやすく、資源が減少している種類が多いようです。

続いてバンドウイルカを含むハクジラの仲間
通常は時速9~17kmくらいで、最大速度は時速40km程度と言われています。
ただ、ハクジラの中でも高速に泳ぐイシイルカでは時速50kmを越えるとも言われます。
さらにイルカ・クジラの中でも最速のシャチでは、なんと最大速度は時速80kmにも達すると言われます。
さすが食物連鎖の頂点に立つ種ですね。

それでは速さの秘密を少し科学的にご紹介します。

まずはそのです。
水の抵抗を最小限にするため滑らかな流線型をしているのはもちろんですが、体の比率にも効果的な特徴があるそうです。
流体力学的にみて、体長と体高の割合が抵抗が小さくなるような値になっています。(シャチが最も理想的な値です)

そして尾鰭の形状
尾鰭の断面は抗力がもっとも小さくなる形をしています。
さらにこの尾鰭は上方によく反り返り、この尾鰭の上下運動(ドルフィンキック)で強力な推進力が生まれます。
もちろんそれを動かす筋肉も素晴らしく発達しています。
このドルフィンキックでは、主に尾を振り上げるときに前進力が生まれ、上下させることで水が押しのけられ、その押しのけられた水を補おうとして周りの水が入り込むことで前方に圧力が少ない空間ができ、そこへ体が滑り込むことで前進します。
説明が難しくてすみません・・。

最後に、あまり知られていませんが皮膚にも秘密があります。
どんなに滑らかな面でも、その上を水や空気が流れると必ず表面に渦流ができて、それらが抵抗になります。
しかし、イルカの皮膚は弾力性に富んでおり、表面を水が流れてもその流れに応じて皮膚がたわむため、表面に渦流が出来にくく、きわめて水の抵抗が低いのだそうです。
イルカに触る機会があれば是非体感してみてください。

余談ですが、サメの特殊な鱗(鮫肌)にも同じような機能があり、それを参考にしてつくったものが、以前のオリンピックで流行った鮫肌水着(スーツ)です。
ちなみに、オリンピック選手では時速8kmくらいで泳ぎます。(ロンドン五輪、競泳大健闘ですね。毎日寝不足です・・笑 はい、すみません・・)

以上です!

末筆ながらもう一言・・
前回の日誌では、えのすい生まれのイルカたちの家系について書かせて頂きましたが、ニーズがあるにせよちょっと難しくてピンポイント過ぎたかな・・と心配をしておりました。
しかし、先日常連のお客様からその日誌について、
「参考になりました、いつもありがとうございます」
と大変暖かいお言葉を頂きました。
書いて良かったと思える大変嬉しい瞬間でした。

この日誌は色々なトリーターが執筆し、内容や文体も十人十色です。(そこがいい所と都合よく解釈して、小難しかったり、マニアックだったり、ピンポイントだったりと自由に書かせていただいておりますが・・)
ただ、どんな内容の文章であれ、読んでくださる皆様がいて、そんな方々にこのトリーター日誌は支えられていることに間違いありません。
そんなことを改めて実感させて頂きました。
本当にありがとうございます。

皆様これからも、このトリーター日誌の応援をどうか宜しくお願い致します。
そして毎日お楽しみに!!
えのすいの最新情報はこの日誌の中にあるはずです!

それでは失礼致します。

バックナンバー
イルカ・クジラ入門 1 ~イルカとクジラの違いは?~
イルカ・クジラ入門 2 ~イルカ・クジラの語源~
イルカ・クジラ入門 3 ~イルカ・クジラの仲間は何種類いる?~

イルカショースタジアム

滑らかな流線型
よく反り返る尾鰭
水の抵抗が低い皮膚

見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!