• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.03.15 トリーター:根本

2015/03/15 メンダコ飼育19日目 

メンダコ(3月16日9時頃)
メンダコ(3月16日9時頃)

一昨日は当直明けで開館時間頃帰宅し、昨日休暇でしたので1日半ほど様子を見られませんでした。おそるおそる覗いてみると…、大丈夫そうです。定位置で平たくなりジッとしてくれていました。

一昨日の給餌は冨永さんにお願いして帰ったのですが、展示のメンダコは順調にエサを食べたようです。展示の方は多少ですが安心感が出てきました。大きなトラブルが無ければ、えのすいでの飼育最長記録である「22日」の更新も可能性が出てきました。
問題はバックヤードの個体です。エサに反応を示してくれません。見た目以上にストレスを感じているのかもしれません。実は、少し思い当たる事があります。なぜか水槽の飼育水のpHが異常に高いのです。

pHは小学校の理科でもおなじみの「酸性・アルカリ性」を示すものです。一般的に0~14の数字で表します。pH7.0が中性、でpH0.0に向かうと酸性になり、pH14.0に向かうとアルカリ性になります。
海水は一般的にはpH8.0前後の若干のアルカリ性を示しますが、水槽で生き物を飼育していると飼育水は徐々に酸性に傾いていきます。実際に深海の一般的な展示水槽ではpH7.4~7.7くらいを示します。これは尿や糞などから出る“アンモニア”がろ過細菌により分解され生成された“硝酸”などが蓄積するためだと考えられています。
硝酸は基本的には水槽に蓄積していくので、時間が経過すると飼育水が徐々に“酸性”になっていくと言う考え方です。(実際にはこんな単純なものではないかと思います。様々な要素が絡み合っているはず。)取り除くためには植物を入れて吸収してもらうか、水を変えるかを行います。

問題のバックヤードのメンダコ水槽のpHは8.73。

見たことが無い程値が高すぎます。
換水は毎日のように行っているのですが、ダメですね、止まりません。

pHが上がると言うのは飼育水槽ではあまり経験がありません。ろ過細菌が何らかの原因で働いていないときにはアンモニアが分解されず残ってしまいpHが上がる可能性があり、pH上昇では一番疑わしい要因となります。
さっそく分光光度計を使い飼育水の「アンモニア」、「亜硝酸」、「硝酸」の値を計測してみました。

結果は、アンモニア0 mg/L、亜硝酸0.003 mg/L、硝酸1.3 mg/L。
特に問題はなさそうです(ちなみに水産業での水質基準はアンモニア0.03mg/L以下、 亜硝酸0.06 mg/L以下 硝酸7 mg/L以下となります。←水族館ではこのような値になる事はまずありません)。

なんでしょう?謎ですね…。水が少し泡立つのも気になります。
色々調べてみます。


水質測定中

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!